【浦和 vs 名古屋】 ウォーミングアップコラム:マルティノス、ルヴァンカップで弾みをつけられるか

2018年5月8日(火)


リーグ戦では首位の広島と勝点19差の12位と苦しんでいる浦和だが、ルヴァンカップでは広島と勝点で並ぶCグループ首位に立っている。まだ先は長いとは言え、タイトル獲得のチャンスがある状況だけに着実に勝点を積み重ねていきたい。

ただ、ここまで週2試合の15連戦を戦っている中、どうしてもコンディションの不安は出てくる。特に最近はリーグ戦の連戦であったこと、指揮官がオズワルド オリヴェイラ監督に代わったばかりだったこともあり、メンバーを比較的固定して戦ってきただけに、特定の選手に大きく負担がかかっている。

約3週間ぶりとなるルヴァンカップでは、このところ出場機会にあまり恵まれていなかった選手にもチャンスが回ってくる可能性が高い。控え組に回っていた選手にとってはアピールの場になる。直近のリーグ戦5試合で2試合の途中出場にとどまっているマルティノス(写真)もその一人だ。

鹿島戦では途中出場で2トップを任される場面もあった。「3トップのワイドの方が自分としてはやりやすいところはある」と言うように、特徴を考えればサイドアタッカーが適任だが、スピードを生かしたカウンターやサイドに流れてクロスを入れるといったプレーでなんとか持ち味を発揮しようとしていた。

出番が与えられるのなら、どういう形でもそれを生かすしかない。「今の自分の状態だと出場する機会があると思う。そこに対してしっかりと準備するだけ。しっかりとハードワークしていきたい」。起用に結果で応え、リーグ戦にもつなげていきたい。

文:神谷正明(浦和担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第5節
5月9日(水)19:30KO 埼玉
浦和レッズ vs 名古屋グランパス

埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.3)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報