【磐田 vs 清水】 ウォーミングアップコラム:小川航基の得点で、今季初の静岡ダービー勝利を誓う

2018年5月8日(火)


今季早くも3度目の静岡ダービー。昨季は、ジュビロ磐田が3戦3勝と清水エスパルスに完勝したが、今季は1分1敗と未だ勝ちがない。また今季1度目の対戦(ルヴァン杯第1節)は、0−1、2度目の対戦(明治安田J1第6節)は、0−0。今季は、勝利だけでなく、得点も奪うことができていない。また今節負けることになると、札幌対甲府の結果次第で、グループステージ敗退が決定する。プレーオフステージ進出を目指すジュビロ磐田にとって、負けが許されない重要なダービーマッチとなる。

1トップでの先発起用が濃厚な小川航基(写真)は、「自分のプレーだけでなく、チームのためにプレーすることで、チームの勝利に繋げることができる」と勝利のためのポイントを話した。前回先発出場したJ1第10節・長崎戦では、コンビを組んだ選手との連携面で課題が見られた。それだけに本人も周りの選手との連携した動きの重要性は理解している。その中で小川航基と共に先発出場が濃厚となっている中野誠也との関係性について「クロスの入り方で必ず被らないようにお互いがニアとファーに分かれて、必ず入れ替わることを居残りのシュート練習で確認した。お互いを見て、良い連携を築けたらと思っている。」と話した。2人の良い関係からの得点に期待したい。

昨年の怪我(左ひざの前十字じん帯断裂および半月板損傷)から着実に回復を見せる小川航基。ここまで公式戦8試合に出場し、着実に出場機会を増やしてきた。しかし今季は、得点を奪うことができていない。本人も「前回(ルヴァンカップ第1節)負けているので、今回の対戦に懸ける思いは強いので、自分の得点で勝てるようにしたい」と話したように、自身の得点でダービー今季初勝利に導く。

文:森亮太(磐田担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 第5節
5月9日(水)19:00KO ヤマハ
ジュビロ磐田 vs 清水エスパルス

ヤマハスタジアム(磐田)(ジュビロ磐田)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.5)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報