【山口 vs 東京V】 ウォーミングアップコラム:サイドバックで新境地。戦う鳥養祐矢、攻守に躍動!

2018年5月11日(金)


直近2試合を左サイドバックで出場した鳥養祐矢(写真)。「運動量が求められるポジション。そこは自分のストロングポイント」と慣れないポジションながらタフに上下動を繰り返し、1対1の場面でも厳しく戦って2戦無敗に貢献。霜田正浩監督の起用に応えた。

ハードワークできるサイドハーフという印象の強かった11番。今年はジェフリザーブズ(JFL)時代以来となるサイドバックに挑んでいる。「どのポジションあろうと試合に出る準備をすると望んでシーズンに入った。まだ課題はあると思うが、2試合負けていないので、しっかり続けていきたい」。そう手応えを口にし、トレーニングでは左ウイングやセンターバックと連係を確認。「センターバックがやりやすいように動いてあげることが、無失点につながると思う。GKやセンターバックの指示を忠実にやり、そこから自分のアイデアを出して行ければ」と意気込む。

鳥養がジェフリザーブズでプレーしていたときに、同チームのコーチをしていた霜田監督は経験値や運動量を評価。「経験豊富な選手でいろいろなポジションができる。左サイドバックでこういうことをやってほしいというところで、十分に期待に応えてくれた」。指揮官はそう話した上で、「いろいろなところでレギュラー争いがあったほうがいい」とも語り、鳥養の活躍によるチーム内競争のレベルアップにも期待を寄せる。

サイドバックでのプレーは、鳥養自身にも新たな変化を及ぼした。「今まではパスの受け手だったが出し手になった。視野が全く変わったのはサッカー選手として大きいことだった」。11番を背負うからには結果直結のプレーを自分に求めるが、「出し手」の立場を経験したことで、ゴールへと動き出すタイミングもさらに精度が上がろうとしている。

試合前日の11日は鳥養の30歳の誕生日。今年を「節目の年」と定め、「若手には負けていられない。ベテランと言われる歳だと思うので、選手として、大人として尊敬されるように日々の生活からやっていければと思う」と語気を強める。目指すは節目を飾るゴールと勝利。「(ゴールを)待ってくれているサポーターがいる。どのポジションであれ必ずチャンスはあると思うので、そのチャンスを決められるように準備する」。

新境地を切り開く山口5年目のプレーヤー。JFLから這い上がってきた鳥養のハードワークと30代ファーストゴールに注目だ。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第14節
5月12日(土)15:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs 東京ヴェルディ

スタジアムナビ