【大分 vs 山口】 ウォーミングアップコラム:スピードスターからインテリジェンスな選手へと変貌した松本怜

2018年5月19日(土)


リーグ戦3分の1を終わり、首位をキープ。リーグトップの得点力を誇る大分の攻撃陣を引っ張る松本怜(写真)は、今季はここまで全試合に先発出場し、サイドから幾度と決定機を演出している。「今季はケガなくやれている。プロになって初めてのこと。奥さんのおかげかな」とポツリと本音をこぼした。

大分のスピードスターは、これまで加速を生かした突破が見せ所であったが、諸刃の剣でもあった。常にトップスピードで走り続けることは筋肉に過度の負担がかかり、プロ9年間でフル稼働したことがない。昨年、生涯の伴侶と巡り会い、今年は待望の長男が誕生した。「守るべき家族が増えた」ことで責任だけでなく、考え方も変わった。「この子が物心着くまではプロサッカー選手でいたい」。

今季は縦への突破だけでなく、クロスの精度が上がった。サイドで起点を作り、味方とのパスワークで崩す場面や中央へ切り返しミドルシュートを放つなど多彩な攻撃も見せる。「スピードだけの選手と思われたくない。これまで以上に考えてプレーするようになった」と本人が話すように、シチュエーションによってポジショニングを細かく変える片野坂知宏監督のサッカーを理解しようと、試合だけでなく練習から自分のプレーを分析し、客観的に自分を見ることでプレーの幅が広がった。言わずもがなピッチの外で彼を支える妻の存在も大きい。

今季はスピードを武器とする選手でなく、サッカーIQの高いインテリジェンスな選手へと生まれ変わった。左右のサイドを遜色なくこなす器用さもある。もちろんスピードは衰えていない。これまで以上に自分の武器の出しどころを知っているから輝きは増す。0歳5カ月の息子を抱いて一緒にピッチに入場した前節は、「いい思い出になりました」と柔和な笑顔で話した。家族のため、自分のため、もちろんサポーターに勝利を届けるためにピッチに立ち続ける。

今節の首位決戦でも大分のキープレーヤーとして輝くはずだ。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月20日(日)14:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs レノファ山口FC
大分銀行ドーム(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (3.7)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.8)

移籍情報