【讃岐 vs 甲府】 ウォーミングアップコラム:新加入最年長の新米パパ、荒堀謙次に期待する

2018年5月19日(土)


「お前が帰ってこなければ、香川のサッカーが無くなる」。この言葉は9年前、地域リーグに所属していたカマタマーレ讃岐に地元出身の北野誠監督を招聘しようと中学時代のサッカー部チームメイトが発した口説き文句だ。北野監督が就任した讃岐は快進撃を続け、初年度でJFLに昇格。そして4年後、JFL2位からガイナーレ鳥取との入替戦を制してJ2に昇格した。

J2で5年目のシーズンを迎えた今季、チームの若返りを図った結果、讃岐のJ2昇格を体験した選手はMF岡村和哉とGK瀬口拓弥の2名だけになった。今季の新加入選手は9名、最年長の荒堀謙次(写真)に話を聞いた。

Q:荒堀選手は数々のJクラブを経験していますが、ここまで戦って来て、専用練習場が無く、予算や観客動員が少なく、毎年残留争いをしている讃岐の印象は?
A:「そうですね。ネガティブな要素がある分、まだまだ上げていける可能性のある良いチームだと思います。町の雰囲気もあるでしょうが、勝てばスタジアムに足を運ぶ人も増えてくるというのは他のクラブに在籍していた時に経験していますし、勝ち続けることがいろんな面で良い方向に結びつく近道だと思うので、自分たちはサッカーで結果を残して行きたいです」

Q:シーズン3分の1が終了、チームが上昇するために荒堀選手がやりたいことは?
A:「やっぱり得点を取れてないのが事実ですし、全ての試合に出ているわけでは無いので、なんとも言えないですけど。試合に出た時はチームが得点を上げられるよう、勝てるようにプレーしたいです。もちろんみんなそうだと思いますけど。最近だと右サイドが多いので突破してセンタリングを上げたり、カットインしてシュートを打つなり、個人でも打開できるように攻撃のレパートリーを増やしたいと思います。守備と攻撃は表裏一体なので個人として目の前の相手に勝てるように一つ突破したり、何か違いを出していきたいです」

Q:オフの過ごし方を教えてください。
A:「子どもが生まれたので、最近は子ども主体のオフ、というか毎日になっています。自分のしたい事もいっぱいあるんですけど、そうも言っていられないので。ゴルフも行きたいですね、でもまあ、今は仕方ないです(笑)」

サッカーはピッチに立つ選手の責任感が勝負を決める。これまで讃岐に在籍した選手たちがバトンリレーのように紡いで来た思いを次の世代へ。ピッチ上で、ピッチ外で、筆者は荒堀謙次に期待する。

文:大森一<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J2リーグ 第15節
5月20日(日)14:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs ヴァンフォーレ甲府
Pikaraスタジアム(カマタマーレ讃岐)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (3.1)
アクセス (2.7)
イベント充実 (2.9)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.2)