【群馬 vs F東23】 ウォーミングアップコラム:FC東京アカデミー育ちのFW岡田翔平。“古巣”戦で4試合連続ゴール狙う

2018年5月19日(土)


FW岡田翔平(写真)が自身初の4試合連続ゴールに向けて爪を研いでいる。

岡田は、FC東京U-15、U-18出身。鹿屋体育大を経て2011年に鳥栖へ加入した。「体育の教員免許を取りたかったので、スタッフと相談させてもらって鹿屋体育大に行くことになりました。結果的にそれがプロにつながった」。大学でゴールを量産する岡田に、鳥栖が声をかけた。転機は2014年だった。期限付きで移籍した湘南でキャリアハイの14ゴールを挙げてJ1昇格に大きく貢献した。

2017年、鳥栖から群馬へ完全移籍したがチームは、シーズン序盤から低迷しJ3へ降格。悔しさを味わった岡田は「チームをJ2へ戻すことが自分たちの役割」と群馬に残留、過酷な道を選択した。

2018年を迎えるにあたり、岡田は徹底的に肉体改造。チームそして自身の再起を懸けて、J3開幕を迎えた。

岡田は8節北九州戦で右クロスをボレーで合わせて今季初ゴールを挙げると、9節相模原戦ではゴール前のこぼれ球を逃さずに2戦連続弾。10節長野戦では、途中出場直後に右クロスをボレーで叩き込んで3戦連続ゴールを決めた。

今節はFC東京U-23との対戦となる。岡田は「“古巣”?トップに上がっていないので古巣じゃないと思います。ただ、FC東京には6年間いて、多くのことを学ばせてもらって感謝しています。自分が頑張っていることを見せたいと思います」と静かな闘志を燃やす。

今節も3トップの一角として先発出場が濃厚。「前節の長野戦ではゴールを決めたが、そのほかのプレーがダメでチームに迷惑をかけてしまった。その分を取り返すつもり」。ずば抜けたゴール嗅覚と執着心を備えるアタッカーは、勝利のために暴れ回る。自身の連続ゴールよりもチームの勝利を優先して戦うつもりだ。

文:伊藤寿学(群馬担当)


明治安田生命J3リーグ 第11節
5月20日(日)19:00KO 正田スタ
ザスパクサツ群馬 vs FC東京U−23
正田醤油スタジアム群馬(ザスパクサツ群馬)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.3)
アクセス (2.5)
イベント充実 (3.3)
グルメ (4.2)
アウェイお楽しみ (3.6)