【東京V vs 京都】 ウォーミングアップコラム:周囲を生かし、決定的仕事もやってのけるパスサッカーの信者・佐藤優平。

2018年6月15日(金)


前節vs新潟戦で、東京Vはリーグ戦7試合ぶりの勝利を飾った。前半で先制点を奪われたものの、後半で2点を挙げ、逆転勝ち。その内容も、華麗なダイレクトパスをつないでのゴールと、裏をとる形という、「可能な限りコンビネーションを使っていき、スペースが空いていればそこを突いていく。そうした我々の持っているものが上手く出た(イバン パランココーチ)」コンセプト通りのゴールとあり、チームにとって非常に大きな自信となった。

結果こそ2−2の引き分けだったが、前々節vs横浜FC戦も、自分たちの思い通りにゲームをコントロールできた前半の内容には選手たちも大きな手応えを感じており、6月6日に行われた天皇杯2回戦(vs富山)も含め、6月に入り、好ゲームができているといえよう。

間違いなくその要因となっているのが、左サイドに入る佐藤優平(写真)の存在だ。第17節(横浜FC)から2試合連続で先発出場しているが、明らかに前線でタメが作れるようになり、ボールがつながるようになった。また、サイドから中に侵入する動きが非常に効果的で、それにより、「中盤の枚数が増えますし、外から中に入ったことでできたスペースを誰かが使う、ということが多くなった」と、藤本寛也。特に、縦関係でにある、サイドバックの奈良輪雄太の高い位置への飛び出し、梶川諒太との中央でのコンビネーションは抜群で、これまで、攻撃の形といえばサイドからのクロスが主だったが、真ん中からの崩しも増え、「崩しのバリエーションも確実に増えた」と、チームメイトたちも絶賛する。

今季から東京Vに加わったが、第16節までほとんど出場機会に恵まれなかった。忸怩たる思いでチームの戦いぶりを外から眺めながら、「自分が入ったら、絶対にもっとボールをつなげるポゼッションサッカーをしたいと思っていました」。ようやく巡ってきたチャンスだ。「近くなってもいいので、できるだけサポートの回数を増やすことと、無理して前に仕掛ける必要がないこともあるので、そういう時には、無理して前を向かずに、シンプルに叩いたいたり、できるだけ両サイドで崩したりと、とにかく距離感を意識してやっています」。個性を存分に発揮することで、チームにも、自分自身にも好結果を生んでいる。

「これからも、自分が出るためには、新潟戦のような試合をし続けて、勝つしかないんです」。自らが徹底的にこだわる“ポゼッションサッカー”を実現するためにも、結果・内容ともとことん追求していく。

文:上岡真里江(東京V担当)


明治安田生命J2リーグ 第19節
6月16日(土)18:00KO 味スタ
東京ヴェルディ vs 京都サンガF.C.
味の素スタジアム(東京ヴェルディ)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.1)
イベント充実 (2.7)
グルメ (2.7)
アウェイお楽しみ (2.3)

スタジアムナビ