【岐阜 vs 山口】 ウォーミングアップコラム:エースの役目

2018年6月22日(金)


岐阜は前節・町田戦でクラブ新記録である「5連勝」に届かなかった。そして、古橋亨梧(写真)の連続ゴールも「6」でストップ。J2記録タイとなる「7試合連続」、とはいかなかった。
 
町田戦では、78分の失点直後にこの試合最大の決定機が訪れる。左後方からのロングパスに、快速を飛ばして絶妙なタイミングで抜け出し、町田DFの裏を取った。そして、「ファーストタッチも良かった」(古橋)。しかし、「(胸トラップから押し出したボールが)思っていたよりも伸びず、詰まってしまった」形となり、左足から放ったシュートが枠外へと転がっていった。「チャンスは来ると思っていたし、『チャンスを決め切る』と意識してプレーした。しかし、決め切れなかった。チームに迷惑を掛けたと思う」。古橋はこう試合後に振り返り、肩を落とした。
 
「決め切る力を付けなければいけない」(古橋)。どんなに少ないチャンスでも、決め切ろうとする気持ちの強さが、古橋にはあると思う。チームが勝利を挙げられなかった序盤戦。「好機の数を増やさなければ」、と各選手達が語る中で古橋は、「決定機はある。決め切れていないことがいけない」と自分自身に非常に厳しく、また、チームパフォーマンスをネガティブに捉えることは絶対にしなかった。勝利を重ねる現在でも、「いつもどおり。(勝敗に問われず)チームの雰囲気は決して変化はしていないし、ずっと良い。個人としても、昨季から続けてきていることを表現しているだけです」と平常心を貫く。
 
町田戦で、連続ゴールやチームの連勝記録は途切れはした。しかし、古橋自身が今まで連ねてきたのはゴールや記録だけでは決してない。日々の練習での取り組み。敗戦の時に味わう悔しさをバネにして、そして、勝利した時にサポーターたちと喜ぶ瞬間をイメージして、試合に挑み続けてきた。これが、古橋という選手だ。
 
「次の試合はまた来る。FWなので、またゴールを決められるように頑張りたい」。今節・山口戦へと気持ちを込めた。「チームを引っ張りたい」と語る“エースの役目”。それは、悔しい敗戦の次、この試合でこそチームを勝利に導くこと。古橋自身が、それを誰よりも理解しているはずだ。

文:岩波陽平(岐阜担当)


明治安田生命J2リーグ 第20節
6月23日(土)18:00KO 長良川
FC岐阜 vs レノファ山口FC
岐阜メモリアルセンター長良川競技場(FC岐阜)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.3)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.7)
アウェイお楽しみ (4.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報