【藤枝 vs F東23】 ウォーミングアップコラム:ワールドカップ効果で今季初得点! ボランチ・水野泰輔は“藤枝の柴崎岳”になれるか

2018年6月29日(金)


ここ5試合は4勝1敗と、5月から調子を上げてきた藤枝。順位はまだ2ケタ(11位)だが、5位の福島と勝点3差という混戦になっているので、このまま調子を上げていけば一気に上位に迫れる可能性がある。

また最近のトピックとして、日本代表の大迫勇也がらみで取材で殺到しているのがおもしろい。藤枝には鹿児島城西高校で大迫勇也と一緒に高校選手権の準優勝を経験した大迫希と鮫島晃太がいて、「大迫、ハンパないって!」の反響がJ3にも及んでいるのだ。

2人とも自分自身の取材でないことには内心複雑な思いもあるだろうが、大迫勇也とはとくに仲が良かった彼らなので喜んで対応している。「せっかく勇也のおかげで僕らまで取り上げてもらったので、これをきっかけにMYFCの試合を観てほしいです」(大迫希)とチームのアピールを忘れない心意気もうれしいところだ。

ワールドカップと同時進行しているJ3では、さっそく影響を感じさせている選手が他にもいる。前節のC大阪23戦で今季初ゴールを決めたボランチの水野泰輔(写真)もその1人だ。
「ワールドカップを観ていても、やっぱりボランチが点を取れるチームは強いなと思いますし、ボランチがペナルティエリア内まで侵入していく回数が多いなと思いました。だから僕もそこを増やしたいと意識しながらC大阪23戦に入りました。今までミドルシュートのゴールはありましたが、(今回のように後ろから)追い越してゴール前まで入って決めたゴールはなかったので、自分にとってすごく大きな1点だと思います」と本人も手応えを口にする。

水野といえば、「J3の中でも際立ってサイドチェンジの意識が高い選手」(大石篤人監督)という言葉通り、タイミングの良い正確なサイドチェンジで、チームの武器である両ウィングバックを生かしている。そのシーンはもはや藤枝名物と言っても良いだろう。

元々展開力では定評のある選手だが、「今年は守備の機動性がすごく出てきて、本当に身体を張って守備でも貢献してくれています」(大石監督)と、ボランチとしての成熟度を高めている。今季は選手の約3分の2が入れ替わった藤枝の中で、昨年から在籍している選手で開幕からコンスタントに出場しているのは水野と大竹隆人だけ。水野はまだ25歳になったばかりだが、プロ7年目で“ベテラン感”はかなりあり、本当にチームの軸として奮闘している。その役割を今の日本代表で言えば、柴崎岳にあたるだろう。

それでも水野本人は“藤枝の柴崎岳”という呼び方に対して「まだまだ全然……」と言い、多くの課題を口にする。
「試合状況の変化に応じながらゲームコントロールしていくという部分は、もっともっと意識してやらなきゃいけないと思っています。守備の面でも、つぶして、奪って、出ていくという部分はもっとやりたいですし、サイドチェンジももっと精度を上げて、アシストや勝負のパスもしっかり通して、自分で点を取るということも、どんどんやっていきたいです」

その言葉通り彼があらゆる面でレベルアップしていけば、藤枝のサッカーの質も大きく上がっていくのは間違いない。
「MYFCの試合を観て『良いサッカーをしているなあ』と思ってくれる人を増やしたいですし、そこで『このサッカーの中心は誰だ?』となったときに、すぐに名前が挙がるような存在になりたいです」(水野)

そうなればもちろん、例の呼び方にも誰も異論をはさまなくなるはずだ。

文:井上慎也(藤枝担当)


明治安田生命J3リーグ 第16節
6月30日(土)17:00KO 藤枝サ
藤枝MYFC vs FC東京U−23
藤枝総合運動公園サッカー場(藤枝MYFC)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.2)
イベント充実 (2.5)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報