【愛媛 vs 岡山】 ウォーミングアップコラム:四国ダービー"影のMVP"吉田眞紀人「第1歩目として良かった」

2018年7月20日(金)


前節、愛媛はクラブとして最も意識するライバルである徳島と「四国ダービー」を戦い、試合終了間際に有田光希のゴールで劇的な勝利を収めた。

序盤からスーパーセーブを連発して徳島の猛攻撃を無失点に押さえ込んだGK岡本昌弘。そして値千金の決勝弾を叩き込んだ有田らがこの試合においてのMVPであることは間違いないが、影のMVPを挙げるとすれば、それは吉田眞紀人(写真)と言うべきだろう。
76分、吉田は11試合ぶりにピッチに立つと、それまで自陣に押し込まれて攻撃の糸口さえ掴めずにいた愛媛に光が差した。

「あの時間帯は体力的にキツくてボールに行けなくなっていたので、僕が入ったらそういう姿勢をチームメイトに見せようと思っていた」

球際で力強くファイトするとともに、相手のプレッシャーにも動じず巧みにボールキープ。そして前線で攻撃の起点となり、有田の劇的ゴールを演出した。

吉田にとっても前節のプレーは大きな転機となる。今季途中で愛媛に加入するも、度重なる怪我の影響でコンディションが上がりきらず、復調への足がかりを掴めずにいた。
「久しぶりの公式戦だったのでキツかった」。
そう話しながらも、「少しずつプレー時間を長くしながら試合勘を取り戻していきたい。そういう意味では(徳島戦は)一歩目として良かったのかなと思う」と好感触を掴んだ。

フィジカル、テクニックともにその能力の高さは誰もが認めるところ。だからこそ待たれる“大器”の完全復活。今節からは真夏の3連戦でチームとしての総力が問われるだけに、このタイミングで吉田が確かな戦力として戻ってくることはチームにとって“夏の補強”とも言えるポジティブな要素だ。

影の立役者ではなく、吉田が主役として躍動する日は近い。

文:松本隆志(愛媛担当)


明治安田生命J2リーグ 第24節
7月21日(土)19:00KO ニンスタ
愛媛FC vs ファジアーノ岡山
ニンジニアスタジアム(愛媛FC)
みんなの総合評価 (3.6)
臨場感 (3.2)
アクセス (2.3)
イベント充実 (3.8)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報