【大分 vs 愛媛】 ウォーミングアップコラム:ブレない男・鈴木義宜 どんなときも平常心を貫く

2018年7月24日(火)


4試合未勝利で4位に後退した大分トリニータ。この4試合は全て先発メンバーが代わり固定できていない。対戦相手の対策を講じての手段であり、けが人やコンディション不良者が続出していることが一因ではあるのだが、そのなかで開幕から先発フル出場を続けているのが鈴木義宜(写真)だ。
 
昨季は3バックの右が主戦場だったが、今季は3バックの真ん中にポジションを移し、守備陣を統率するリーダーとなった。2015年からチームNo.1の出場時間数を記録するタフガイは、高さと強さを備えた屈強なディフェンダーであり、けがが少なく、警告の数も少ない。J2では最高ランクのDFである鈴木について、西山鉄平強化部長は「今季は守備を統率する役割も担い、まだまだ成長の余地はある」とさらなる飛躍を期待する。
 
本人は至ってマイペースで、勝っても負けても一喜一憂することはない。首位をキープしていたときに好調の要因を聞いても、勝てない時期に敗因を聞いても、「まだ何も成し遂げていない。J1に昇格して真価が問われる」と、いつもと同じ口調で、いつもと同じ返答がくる。常にブレずに変わらない。平常心で淡々と自分の役割をこなし、失点をゼロに抑えることを考える仕事人は、今節もそつなくプレーすることだろう。「僕たちが失点しなければ負けることはない」。お決まりに決めセリフに迷いはない。
 
ただ、今季は自身の得点がない。プロ入りしてから毎年コンスタントに得点を決めている守備人は、昨季の3得点を上回る5得点が今季の個人目標だ。「セットプレーから毎試合チャンスはあるので決めたい」。今節は自らのゴールで5試合ぶりの勝利を狙う。


文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J2リーグ 第25節
7月25日(水)19:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs 愛媛FC
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.6)