【横浜FM vs 清水】 ウォーミングアップコラム:喜田拓也が男気を示す!

2018年7月27日(金)


「次に向けて、いい準備して勝てるように頑張ります」

負けた試合で選手が用いる常套句であるが、横浜FMの喜田拓也(写真)はそういった類いの言葉を口にしない。前々節に8-2の大勝を収めた仙台戦後、意気揚々と臨んだFC東京戦での2-5の屈辱的な敗戦のあとに、次のように述べた。

「悔しくて、申し訳なくて、情けない結果になってしまいました。前節にああいうゲームをして、慢心があったとか、メンタルが弱いとか、何を言われても本当にしょうがない、結果と内容だった。なんていうか、また次があるからという甘えた考えではダメだと思う。はい、負けました、次いい準備して勝てるように頑張りますじゃなくて、本当に真摯に向き合って、そして受け止めてないといけない」

前節のトラッキングデータを見ると、チームの総走行距離で約2km、スプリント回数で13回と、FC東京に大きく水をあけられたのが、致命傷になったと言えなくない。喜田自身もその差を痛感したのだろう。先のコメントを含め、言葉を噛みしめながら2分近く話続けて、最後はこう締めくくった。

「今日(FC東京戦に)出られなかった選手や、僕らのために一生懸命働らいてくれたスタッフ、敗戦後にも背中を押す声援を送ってくれたサポーターに、申し訳ない悔しい思いをさせてしまった。本当に結果を出して応えるしか道はないと思う。そこは強い気持ちをもって、全員で闘う気持ちだったり、走り切る力をもう一回示さないと、男じゃない」

“漢”喜田拓也の本領が、今節・清水戦で見られるに違いない。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)


明治安田生命J1リーグ 第18節
7月28日(土)18:00KO 日産ス
横浜F・マリノス vs 清水エスパルス
日産スタジアム(横浜F・マリノス)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.5)
アクセス (4.3)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報