【相模原 vs 沼津】 ウォーミングアップコラム:とにかくゴールに飢える松本孝平。「点が取りたいというのが正直な気持ち」

2018年7月27日(金)


夏場に入りようやくチームの形が出来上がりつつある相模原。それは結果にもしっかりと結び付いており、ここ3試合は2勝1分けとチーム状態は上向きである。その中で新たな風を吹き込んでいるのがFWの松本孝平(写真)だ。

大学時代には関東リーグで得点王に輝き、全日本大学選抜にも選ばれた経験を持つ松本だが、加入した名古屋ではケガの影響もあり満足にプレーできず、プロ1年目の昨季は公式戦のピッチに立つことはなかった。そして2年目の今季もチャンスを貰えていなかった中での今回の移籍。それだけに覚悟も強い。「1年半ケガをしていて、グランパスでも復帰して1か月ぐらいやったけど、向こうではSBとかCBをやることが多くて、FWとしてのチャンスがなかなか無かった。いまはすごく復帰して大事な時期だと思っているので、今回、相模原さんに声を掛けてもらって、自分としてもFWとして1つ成長しないといけない時期だと思ったので移籍を決断した」。そして現在、この言葉を自身で証明するかのようなプレーを披露。186cm/85kgと恵まれた体格を生かしたポストプレーと運動量でチームに大きく貢献している。

前々節・盛岡戦の2点目のシーンでは谷澤達也とのパス交換からジョン ガブリエルの得点に絡むなど、試合を重ねるごとにゴール前で仕事をする機会も多くなってきた。本人も「みんなの特徴も少しずつ掴んできて、(盛岡戦は)良い形で点が入ったのでそこに絡めたことは良かった」と連携に手応えを感じている。しかし、その一方で本心も隠さない。「でも、やっぱり自分がジョンのところにいたかった」。FWとして得点への強いこだわりを見せる。

そしてそれは今節・沼津戦でも変わらない。「4戦目なので、点にこだわって点を取りたい」。コンスタントに試合に出場し始めて約1か月。顔つきにも鋭さが増した背番号39はゴールだけを見つめている。

文:須賀大輔(相模原担当)


明治安田生命J3リーグ 第3節
7月28日(土)17:00KO ギオンス
SC相模原 vs アスルクラロ沼津
相模原ギオンスタジアム(SC相模原)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (4.0)
アクセス (3.4)
イベント充実 (4.3)
グルメ (4.6)
アウェイお楽しみ (4.0)