【広島 vs 浦和】 ウォーミングアップコラム:HE IS THE STRIKER。ベサルト ベリーシャ、熱き想いをゴールに捧げる

2018年7月27日(金)


来日当初は笑顔の塊だった。だが、トレーニングを重ねるにつれ、ベサルト ベリーシャ(写真)の視線には厳しさが増してくる。それは、尋常ではない暑さによる影響だけではない。身体が動くようになってきたこと。戦える肉体が整い、きたるべきJリーグデビューのためのエネルギーが満ちてきたことによって、野性が肉体からあふれ出してきたのだろう。

「エキサイティングだね、とても」

待ちきれない気持ちを彼は表情を豊かにして、言葉にする。

「僕はストライカーだ。とにかくゴールを求めている。もし、時間をジョー(城福監督)さんが与えてくれるのなら、私はもう準備はできているんだ。Jリーグはタフなリーグだし、広島はインテリジェンスに満ちたチーム。その中でいいデビューができるようにやっていきたい。ゴールを決める。そのためにハードワークするんだ」

オーストラリアでの実績は強烈といっていい。2011年からの7シーズンで171試合出場106得点。全てのシーズンで二桁得点を記録し、20得点以上が2度。得点王にも2度輝き、3度のリーグ優勝にも輝いた。広島に移籍する直近のシーズンも28試合出場14得点で通算得点率(1試合あたりのゴール率)の0.62。たとえばJ1通算得点記録を持つ大久保嘉人が0.44、通算得点ランキングの上位10人中最高の得点率を誇るウェズレイも0.57であることを考えれば、ベリーシャの記録がいかに突出しているか。このコソボ人FWに対して下された「Aリーグ史上最高の外国人FW」という評価も、うなづける。

ヘッドも強いし、左右両足で強烈なシュートを打てる。ゴール前には飛びこんでくる迫力は、まさに「ブレーキの壊れたダンプカー」だ。「シュートは確かに上手いし、ペナルティーエリア内での存在感はさすがですよね」と森崎浩司アンバサダーも期待を寄せる。今年のACLではメルボルンのエースとして川崎Fの前に立ちはだかり、等々力ではセットプレーからのヘッドでゴールを決め、オーストラリアでは決勝点のお膳立てとなる縦パスも供給している。トレーニングでもゴールに向かう猪突猛進さだけでなく、周囲とのコンビネーションをつくろうという意識も高い。「どんな時でも仲間を助けたいし、いい関係をつくっていきたいからね」とベリーシャも語る。

今、広島の得点源はどうしてもパトリックに偏りがちだ。17試合12得点と爆発するエースの陰で、他のFWといえばティーラシンが5得点、工藤壮人が3点。「パトリックの次に続くストライカーが出てきてくれれば得点力も安定する」と森崎アンバサダーの言葉が如実に証明されたのが、前節の名古屋戦だった。パトリックは徹底的にマークされ、5本のシュートを放つものの決定機は0。一方、ティーラシンや川辺駿、柏好文や柴崎晃誠が決定的なシュートを撃ったのだがゴールを割れなかった。パトリックが封じられた時、あるいは彼を囮にして得点できるストライカーの台頭は後半戦の広島にとっては急務。だからこそ、ベサルト ベリーシャの存在が重要なのだ。

城福浩監督は慎重な姿勢を見せる。意気込みの高いベリーシャではあるが、身体のコンディションはまだ100%ではない。全体トレーニングにもフル参加できるようになったのはここ最近のこと。焦って起用し、筋肉系などのケガをして長期離脱することがやはり怖い。ましてこの暑さだ。肉体にかかっている負担は、選手の実感以上のものがある。

もう一つは、守備だ。広島は全員守備・全員攻撃。FWも守備において重要な役割を果たしているから、17試合8失点という驚異的な失点の少なさにつながっている。その役割を彼が果たせるのかどうか。戦術理解のため、意識改革のため、時間も必要になると城福浩監督は考える。

「ただ、彼の特長である得点力を考えれば、近々にチャンスを与えたいとも思う」

指揮官はそう明言した。それが明日の試合になるのか、それとも先のことになるのかはわからない。だが、トレーニングで次々と正確なゴールを決めてくるベサルト ベリーシャを見ていると、早くピッチで見たい、エディオンスタジアム広島で見たいという気持ちにさせてくれる。

「豪雨災害で苦しんでいる広島のために、僕たちは全てを捧げる。リスペクトをもって、闘うんだ。いつも言っていることだけど、僕はゴールも勝利も、大好きだからね」

そう。He is THE STRIKER。広島は、ストライカーの爆発を、待っている。

文:中野和也(広島担当)

明治安田生命J1リーグ 第18節
7月28日(土)19:00KO Eスタ
サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ
エディオンスタジアム広島(サンフレッチェ広島)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.6)
アクセス (2.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.0)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集