【京都 vs 東京V】 ウォーミングアップコラム:5人目の新戦力、金久保順は中盤と前線をつなげられるか

2018年7月28日(土)


最下位に沈む京都は、夏の移籍マーケットで活発な動きを見せている。仙台から期限付き移籍で加入した庄司悦大は合流直後からスタメンに名を連ねて、中盤の底で攻撃の起点になっているが、同じく仙台から完全移籍で加わったのが金久保順(写真)だ。

今年は仙台で負傷もあり出場機会が限られたが、鋭いキックや攻撃センスなど確かな実力を持つMFは「僕は一人でどうこうできる選手じゃない。味方とコミュニケーションを取りながら、チームが上手く戦えるようにしたい」と話している。ポジションにこだわりはないが、最近の試合も映像で見ており「庄司さんが(中盤の底から)ゲームメイクできるので、そことFWの間で攻撃を作ってフィニッシュに顔を出したい」と新天地での役割をイメージする。

チーム合流初日となった7/26が誕生日だった。慌ただしく単身で京都に来たこともあり「僕は忘れていて、奥さんからのメールで気が付きました(笑) 。試合も近いので、庄司さんがジュースとゼリーを買って祝ってくれました」。静かに31歳のスタートを迎えているが、翌日の練習では流通経済大学の1学年先輩でもある染谷悠太と話し合うなど、チームにはすんなり溶け込めるだろう。指揮官が起用をほのめかすなど、東京V戦でピッチに立つ可能性も十分にある。西京極は2010年3月にプロデビューして「たしかアシストもしている」というスタジアムだ。そんか所縁のある場所で、新たな一歩を踏み出す。

文:雨堤俊祐(京都担当)


明治安田生命J2リーグ 第26節
7月29日(日)18:00KO 西京極
京都サンガF.C. vs 東京ヴェルディ
たけびしスタジアム京都(京都サンガF.C.)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (3.4)
グルメ (3.3)
アウェイお楽しみ (2.8)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報