【浦和 vs 川崎F】 ウォーミングアップコラム:2試合で潜在能力示したファブリシオ、川崎F戦でも輝き放て!

2018年7月31日(火)


セットプレーは今の浦和にとって非常に大きな武器となっている。ただ、総得点リーグワーストから5得点しか差のない得点力(前々節まではわずかに1差)を改善するには、流れの中からも決められるようにならなければならない。

その課題を改善する上で鍵を握る一人になりそうなのが、シーズン中盤に加入したファブリシオ(写真)だ。浦和ではまだ公式戦2試合しか出場していないが、すでに攻撃で違いを生み出せそうという雰囲気をプンプン漂わせている。

狭いエリアでもボールを安定してキープできるのが、まず大きい。ガッシリとした体格で当たりに強いだけでなく、ボールタッチが細かく、簡単にボールは失わない。また、その繊細なスキルにより、ゴールに背中を向けた状態からワンタッチで前を向けるのも強みだ。小刻みなタッチと機動力を生かしたドリブルも、相手に脅威を与えられるレベルにある。

そういった長所があるから、敵に囲まれても慌てずにボールをキープできる。むしろ、その武器を生かして意図的に敵を引きつけることで相手の守備陣形を崩し、味方にチャンスを演出してみせる。

それを実践したのが前節の広島戦だ。76分、カウンターの場面でファブリシオはドリブルでピッチ中央を突き進み、相手に囲まれてボールを取られてもおかしくないギリギリの状況までタメてからパスを出した。そうすることで、アシストを決めることになる柏木陽介にスペースを提供し、決定機を生み出した。足元の確かな技術と状況判断、そして自信と度胸がなければできないスペース攻略とスペース創出、チャンスメーキングだった。

チャンスの起点になれるだけでなく、“飛び道具"を持っているのも頼もしい。ファブリシオはゴールから離れたところからでもネットを揺らせるパンチ力を備えている。広島戦では20メートル強の位置からミドルシュートをたたきこんだが、前々節のC大阪戦でもロングレンジから相手GKに冷や汗をかかせる強烈な一撃を放っている。

中島翔哉がブレークした前所属ポルティモネンセでは2017ー18シーズンに15得点を決め、ポルトガルリーグの得点ランク4位につけた。Jリーグの2試合でも、すでにシュート精度の高さと射程距離の長さを見せており、決定力にも期待は高まる。

首位・広島との一戦ではポテンシャルの高さを示し、決定的な仕事もしてみせた。J1屈指の実力を誇り、現在3位につけている川崎F相手にも違いを生み出すプレーを披露できれば、ファブリシオの存在感はさらに増していくはずだ。

文:神谷正明(浦和担当)


明治安田生命J1リーグ 第19節
8月1日(水)19:00KO 埼玉
浦和レッズ vs 川崎フロンターレ
埼玉スタジアム2002(浦和レッズ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.7)
アクセス (3.2)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.6)

スタジアムナビ

移籍情報