【東京V vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:J1昇格へ向けて、チームの足りないピースを埋めにやってきた泉澤仁。

2018年8月3日(金)


前節、アウェイの京都戦に勝利し、4試合無敗(3勝1分)と勝点の積み上げに成功している東京V。今節の相手は、勝点差1の大宮だ。前半戦は、第11節に対戦したが、10試合無敗で挑み、初黒星を喫した。J1昇格を目指す以上、シーズン中、同じ相手に二度負けることは許されない。是が非でもリベンジを果たしたい。

そこで、ぜひとも期待したいのが、6月25日から新加入した泉澤仁(写真)だ。出場可能となった第24節から2試合連続で先発起用。前節は移籍後初の途中出場となったが、藤本寛也の値千金決勝ゴールをアシストし、早くも存在をアピールしている。最大の武器である初速からガンガン飛ばす高速ドリブルは、新チームの中ではまだ完全に本領発揮には至っていないが、それでも、試合を重ねるごとに特長が出てきていることは確か。周囲との相互理解も徐々に高まっており、さらなるフィットが楽しみだ。

前節、初めてベンチからチームの戦いぶりを見つめ、改めて「最後のアタッキングサードが課題」だと再確認したと話す。自らの加入によって、攻撃にバリエーションを加えたいところだ。

もう1つ肖りたいのが、古巣対戦の相性の良さだ。大宮は、プロ入り3シーズンを過ごした第一故郷。昨年は、G大阪で大宮戦ゴールを決めており、2年連続の古巣弾に燃える。「どちらに転ぶかわからない大事な試合。僕は、(古巣相手は)良いモチベーションに変えられるタイプなので、すごく楽しみです」。

ここまで、一貫してスタイルを継続させているロティーナ・サッカーに、泉澤、レアンドロの新戦力がここからどうスパイスを加えていくか。期待は高まるばかりだ。

文:上岡真里江(東京V担当)


明治安田生命J2リーグ 第27節
8月4日(土)18:00KO 味スタ
東京ヴェルディ vs 大宮アルディージャ
味の素スタジアム(東京ヴェルディ)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (2.7)
アクセス (4.2)
イベント充実 (2.7)
グルメ (2.7)
アウェイお楽しみ (2.6)