【大分 vs 岡山】 ウォーミングアップコラム:超攻撃的DF岩田智輝「ガンガン自分の良さを出したい」

2018年8月10日(金)


夏場に停滞したチームの起爆剤として3バックの一角に入った岩田智輝(写真)。25節愛媛戦(●0-1)で先発出場してから、3試合連続でフル出場している。無尽蔵のスタミナを武器にサイドを上下動し、攻撃に参加して決定機を演出する。本職の守備では体幹の強さを発揮し、当たり負けすることなくボールを奪い取る。

片野坂知宏監督は「自分の色を出せている」と評価し、同サイドでプレーする松本怜は「アイツが上がってくれるから推進力が出る」とオーバーラップのタイミングを見計らい、中央に絞り広大なスペースを提供し、岩田が存分に攻撃できるように演出する。

前節の新潟戦(◯4-0)では、松本、岩田の連係から決定機を幾度と作った。「(松本)レイさんがスペースを空けてくれ、ボールを収めてくれるから迷うことなく上がることができる」と岩田。互いの信頼関係は厚く、「これからもガンガン自分の良さを出したい。ボールタッチの感覚も良い。1対1のチャンスがあったら自分から仕掛けたい」と強気だ。

疲れ知らずの21歳だが、体や食事には十分なケアは欠かさない。試合前々日は必ず福森直也ら先輩と一緒に温泉に入り、食事を取る"福森会”に参加する。今季はベンチ入りできない時期が多かったが、福森会を心の拠り所とし、なやみを相談し、アドバイスをもらい、腐らずに来るべきチャンスに備えた。ようやく手にしたチャンスに、「これまで積み重ねてきたものを無駄にしたくない。毎日がオーディションのようなもの」と緊張感を持ち、ピッチに立つ。

今節も福森会に参加し、万全の状態で試合に挑む。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J2リーグ 第28節
8月11日(土)19:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs ファジアーノ岡山
大分銀行ドーム(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (3.9)
臨場感 (3.6)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.6)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.7)

スタジアムナビ

移籍情報