【山口 vs 徳島】 ウォーミングアップコラム:伝統の番号を、自分らしく。新背番号10 池上丈二が動き出す!

2018年8月11日(土)


山口が武器とするパスワーク。その軸となるべき池上丈二(写真)は今夏、霜田正浩監督から「10番」の新しい背番号を任せられた。過去にもキーマンが担ってきた10番は、山口が大切にしている背番号のひとつ。前節の愛媛戦で、池上はその輝かしい背番号を披露した。

「けっこう聞かれるんですが、ぱっとイメージは浮かばない。僕が付けるからにはプレッシャーは感じずに、今まで通りのプレーをして、中心としてやるということを意識してプレーしていく」。池上は10番像をそう語り、「いつも通り、攻撃の起点になりつつ、ゴールやアシストという結果を残していくだけ」と強調する。
ただ、これまでの15番から新しい番号へとスイッチするタイミングで無念にも負傷。深刻なものではなかったが、3試合にわたって試合を離れチームも勝利を逃した。その分だけ、「早く試合に出たいという気持ち」が募った。

前節、ようやくベンチに戻り、1点を追う後半の立ち上がりにピッチに投入された。持ち味は周りを生かすスルーパスやゴール前への飛び出し。「逆転勝ちしか頭に入っていなかった」とはやる思いを胸にゲームに挑んだが、ストロングはなかなか出せず、無得点での敗戦に終わった。「もっとゴールに向かう意識があれば良かった。もう一度、FWだけでなく、ディフェンスや中盤の選手も矢印をゴールに向けないといけない。ゴールに近いところで奪って、そこからまた矢印を前に向ける。そういうサッカーをしないとゴールは遠くなる」。動かせなかったスコアにほぞをかみ、今節での活躍を誓う。

山口はこの1年半、背番号10が不在だった。かつては福原康太・現バレイン下関監督や庄司悦大(京都)が付け、名実ともにチームの心臓部となってイレブンを引っ張った。その一方で、昨年も今年も誰か一人に重心が掛かるようなサッカースタイルにはならず、いい意味で適任者が見つからなかった。

誰もが心臓部であるようなサッカーの中で、池上に白羽の矢を立てた霜田監督は「成長」をポイントに挙げる。「池上は大学時代も10番を付けて、攻撃のプレーメーカーをやってきた。ほかにも付けてもいい選手はいるが、今年は彼が成長しているシーズン。十分に(10番の)資格を得るような成長をしてくれたので、思い切って任せてみよう」と10番任命を決断した。ボールを保持してゲームを動かす山口にあって、確かに池上は目に見えて成長している選手の一人。序盤のベンチ外から一転、中盤戦以降はスタメンの座を勝ち取った。

今節は好調の徳島をホームに迎える。強敵ゆえに池上の送り出す決定的なパスはいっそう重要になってくる。むろん目指すは勝利。「ボールを持てる時間帯は増えると思う。そこで簡単にボールを失わないようにしつつ、どんなところからでもシュートを狙って、点を取れるようにやっていく」。意気揚々と語った新10番、池上丈二。輝く番号を背に、その右足が勝利の鍵を握っている。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第28節
8月12日(日)19:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs 徳島ヴォルティス
維新みらいふスタジアム(レノファ山口FC)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.5)
イベント充実 (4.0)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (4.0)