【C大阪 vs 清水】 ウォーミングアップコラム:キラリと光る左足。高精度を誇る丸橋祐介のキックから今節も目が離せない

2018年8月14日(火)


リーグ戦再開後は公式戦4分4敗と勝ちがなく、苦しい状況が続いているC大阪だが、前節の札幌戦では、「プレーできる状態の選手たちを最大限活用するために」(尹晶煥監督)採用した3-4-2-1が機能。相手の倍以上となるシュート18本を放ち、チャンスも数多く作った。そんな中、開始6分、CKからマテイ ヨニッチの先制点をアシストしたのが丸橋祐介(写真)。昨季、リーグ戦10アシストを決めた桜が誇るレフティーだが、意外にも今季は初のアシストであった。
 
13日の練習後、「ようやくいいところにボールが行きました(笑)」と破顔する彼の姿があった。先ほど、意外にも、と思ったのには訳がある。今季、丸橋は直接FKを3本決めており、CKからも1本、直接決めている。流れの中からも1得点しており、現在の5得点は高木俊幸と並ぶチーム得点王である。彼の左足が現在のC大阪の得点源になっているのだ。
 
チームでの存在感が増していけば、期待されるのが、森保ジャパンへのメンバー入り。2得点を決めた明治安田J1第18節の仙台戦は、森保一監督も視察に訪れていた。もっとも、丸橋自身は、「まだまだですね。プレーに波があることは自分でもわかっているので、波をなくして、いいパフォーマンスを続けていくだけです」と語るに留めるが、今後のプレー次第では名前が挙がってもおかしくないだろう。
 
前節の3-4-2-1については、「自分自身、より攻撃的に行ける場面が増えたので、やっていておもしろかったです」と振り返り、今後も同システムでプレーするのであれば、「(3バックの左サイドの)オスマルもタイミングよく上がってくるので、そこは素直に使って、カバーするところはして、臨機応変にやっていきたいです」と、より一層のブラッシュアップを図る構えだ。リーグ戦8試合ぶりの勝利を目指す今節、攻守にカギを握る彼のプレーに注目したい。

文:小田尚史(C大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第22節
8月15日(水)19:00KO 金鳥スタ
セレッソ大阪 vs 清水エスパルス

スタジアムナビ