【川崎F vs 鳥栖】 ウォーミングアップコラム:登里享平と車屋紳太郎の連携に注目

2018年8月14日(火)


登里享平(写真左)車屋紳太郎(右)のコンビがおもしろい。

登里は明治安田J1第20節の横浜FM戦に先発し、左サイドバックに入る。もともと左サイドバックだった車屋はセンターバックに移動し最終ラインに収まる。この布陣で臨んだ横浜FMを2−0で勝利すると、同じ布陣で臨んだ21節の清水戦を2−1で逆転勝ち。チームの勝利に貢献している。

登里の先発出場は7節以来のことで、車屋とのコンビとなると5節以来のことだった。

横浜FM戦では、小林悠の2点目が決まった場面で、車屋から登里にレーザービームのような鋭い縦パスが通り攻撃がスピードアップした。先日行われた清水戦でもこの二人の関係でサイドを崩す場面があり、ストロングポイントの一つとなりつつある。

この連携について登里は「(車屋は)もともとスピードのある選手なので。広いカバーをしてくれるので。だからある程度いつもよりは前に意識は持ってます」と発言。車屋の足の速さを念頭にある程度高い位置を取れると話す。また車屋からのパスについては「紳太郎も左足で持てる分、相手からは巻き気味に出せる」とのことで、相手に引っかかりにくい球種を蹴れるのが大きいと分析していた。

一方の車屋は「ぼくがサイドバックをやってたこともあり、してほしいこととかだいたい分かるので。それは(登里との連携は)やりやすいというか、ノボリくんが考えていることは多少はわかります」と述べる。またカバーリングの範囲の広さについては「カバーリングが武器だと思ってます」と話すと「相手に持たれて前向いてひっくり返されるのか(川崎F不利の状態になるのか)、あそこでこっち(車屋)がボールを奪うのとではかなり大きな差がある」としている。また大学時代から得意だったという広い範囲のカバーリングについては、それを出すことで「なるべくノボリくんに下がらせすぎず、なるべく自分の守備範囲を広げたいというのはあります」と話していた。

登里の縦方向の突破力とそれを生かす車屋のカバーリング能力をお互いが把握し、その良さをいかに出すのかを考えた戦い方を実践し、それがチームの強みになりつつある。

フェルナンド トーレスの来日初ゴールが決まるかどうかが注目されがちな試合ではあるが、個人的には川崎Fの左サイドがどれだけ相手を崩せるのか、楽しみにしているところだ。

文:江藤高志(川崎F担当)


明治安田生命J1リーグ 第22節
8月15日(水)19:00KO 等々力
川崎フロンターレ vs サガン鳥栖
等々力陸上競技場(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (4.2)
アクセス (3.7)
イベント充実 (4.6)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (4.0)

移籍情報