【北九州 vs 鹿児島】 ウォーミングアップコラム:右サイドバックから巻き起こす勝利へのうねり。野口航の熱量に注目だ!

2018年8月17日(金)


「泥臭くてもいいので、勝ちに結びつけられるように準備してやっていきたい」。強く意気込みを語ったのは、右サイドバックの野口航(写真)だ。大卒ルーキーはスタメンを射止め、7試合連続でスタメン出場中。幾度となくオーバーラップして高い位置でボールを受け、決定機を作り出している。

1カ月間の中断期間があった明治安田J3。北九州は延期となった鹿児島戦で再開する。この間、柱谷哲二新体制の目指すスタイルを濃密な練習を経て浸透させ、より攻撃的で厚みのあるサッカーが見られるようになった。サイドバックの攻撃参加もカギを握り、野口は「サイドバックは全体が見えるポジション。自分のところから斜めのパスやくさびのボールを入れていければ、いい展開に持って行ける。試合を重ねるごとに少しずつ慣れてきているし、使い続けてもらっているので、アシストや結果が応えていきたい」と力を込める。

大学時代の途中からサイドバックでプレーし、豊富な運動量に加え、仲間を生かすパスを多彩に繰り出す。一つ前のポジションを務める安藤由翔や井上翔太の特長はインプット済みで、練習でのコンビネーションは良好だ。それぞれの選手を生かしてゴールを近づけるべく、「由翔さんも翔太さんもタイプが違う。仕掛けるのが得意な選手が入ったときは、上がっていくときに後ろでサポートしたり、オーバーラップのタイミングを考えたり。状況に応じてやるようにしている」と柔軟に対応。サイドハーフの動きを見ながらタイミング良く駆け上がったり、余勢を駆って前線に飛び出したりと、タフに戦っている。

北九州は柱谷監督就任以降、1勝2分と負けがない。ただ、引き分けの試合を勝ちに持っていかなければ、最下位から巻き返していくのは難しい。野口は後半戦のカギとして「質」を口にした。「引き分けの試合でも相手よりもチャンスは多く作れている。最後は質のところ。クロスをしっかり味方に合わせるとか、最後の部分にこだわってやっていかないと、そういうところで勝敗が分かれてしまう。質は上げていきたい」。

ホーム2連戦でリスタートする北九州のリーグ戦。受け入れがたい最下位という順位から抜け出し、可能性のある限り昇格圏を追いかけなければならない。うなずくように、決意を新たにするように、野口は表情を引き締めた。「勝ち続けていかないといけない状況に変わりはない。引き分けも許されない」。右サイドの底から、新生北九州の勝利へのうねりが広がろうとしている。

文:上田真之介(北九州担当)


明治安田生命J3リーグ 第17節
8月18日(土)18:00KO ミクスタ
ギラヴァンツ北九州 vs 鹿児島ユナイテッドFC
ミクニワールドスタジアム北九州(ギラヴァンツ北九州)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (4.9)
アクセス (5.0)
イベント充実 (3.7)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.9)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集