【富山 vs 福島】 ウォーミングアップコラム:長崎から加入の木村裕。「このチームでJ2へ」

2018年8月24日(金)


富山は夏の中断期間明けの初戦をホームで迎える。クラブ創設10周年を記念した特別ユニフォームを選手が着用し、ハーフタイムには花火を打ち上げてスタジアムを盛り上げる。昨年はこの中断明け初戦で逆転負けを喫して不振に陥り8位に終わった。今年は勝利を飾って追い上げムードを高めたい。

リーグ戦がなかった5週間に攻守ともブラッシュアップ、スケールアップするためのトレーニングをしっかり積んだ。安達亮監督は「やりたかったトレーニングは計画通りにできた。より攻撃的に戦えるように準備してきた。ボールを持っている時だけでなく、相手ボールの時に積極的に襲い掛かるような守備もできるようになってきた」と話す。対戦する福島は4月から12戦負けなしで4位につけている強敵だが、練習の成果を発揮して勝利をつかみ取りたい。

6月に長崎から期限付き移籍で加入したMF木村裕(写真)にとっても中断期間は良い機会になったようだ。「みんなの特徴もほぼ把握でき、やりやすくなってきた」と話し、攻撃のコンビネーションの向上に手ごたえを感じている。加入後初出場だった第16節・群馬戦でいきなりゴールを決めて勝利に導いたように決定力は十分。長崎仕込みのハードワークでもチームを助けており、後半戦での大活躍が期待されている。

J2クラブからのオファーもあったそうだが、長崎で指導を受けた安達監督のもとでのプレーを希望して富山行きを決断した。「(安達)亮さんは選手のアイデアを引き出してくれる。もう一度、自分の技術を磨きたかった」と話す。「このチームでJ2に昇格する」という強い気持ちで残りのリーグ戦に挑む。

文:赤壁逸朗(富山担当)


明治安田生命J3リーグ 第20節
8月25日(土)18:30KO 富山
カターレ富山 vs 福島ユナイテッドFC
富山県総合運動公園陸上競技場(カターレ富山)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.3)
アクセス (3.7)
イベント充実 (2.5)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (3.0)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報