【F東23 vs 群馬】 ウォーミングアップコラム:不断の努力を続けるFC東京U-23原大智 全ては「ひたすら結果を残すために」

2018年8月24日(金)


7月21日から中断してきたJ3が再開する。原大智(写真)は、この1カ月間、臥薪嘗胆の日々を過ごしてきた。午前練習終わると、午後にクラブハウスに自転車でやってきて一人で練習を始めた。それに賛同するように、途中から平岡翼もそこに加わった。安間貴義監督も、彼らに付き添い、アドバイスを送ってきた。

そうした日々は、原のこの思いがあったからこそだ。

「前半戦は自分の実力の無さで結果が出せない悔しさがあった。後半戦は、自分の成長した姿を結果で表現できるようにしたい」

一歩でも、半歩でも成長していくために、考えて行動に移す。逃げるのではなく、課題に取り組んできたからこそ、同世代のチームメートを妬むこともなかった。

「同世代がトップチームでプレーをしていたが、焦りはまったくない。自分はひたすら結果を残すための準備に集中している」

この1カ月、歯を食いしばって取り組んできたのは、最下位に沈むFC東京U-23の勝利のためでもある。その成果を見せる時がやってきた。

「自分たちがJ1の選手たちに刺激を与えられるように、勝って監督にアピールをしたい。ゴールはもちろん自分が一番望んでいること。それだけではなくて、中断中の練習では、前線で起点となるところを意識してやってきたので、ポストプレーや、裏に抜け出して時間を作るなど、チームを楽にさせるようなプレーをしていきたい」

不断の努力が、プロとしての骨格を太く強くする。「いつか」のために、準備を怠らなければ活躍は「いずれ」必然となる。それだけの背骨ができるまで、努力を継続しなければいけない。プロ1年目だが、原大智はそれを知っている。

文:馬場康平(F東23担当)


明治安田生命J3リーグ 第20節
8月25日(土)17:00KO 味フィ西
FC東京U−23 vs ザスパクサツ群馬
味の素フィールド西が丘(FC東京U−23)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.9)
アクセス (4.2)
イベント充実 (2.4)
グルメ (2.1)
アウェイお楽しみ (2.8)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報