【C大阪 vs 広島】 ウォーミングアップコラム:新システムのキーマン・オスマル。首位撃破を目指す今節も、攻守で重要な役割を担う

2018年8月24日(金)


リーグ戦再開後、公式戦8戦未勝利から、前々節、前節とリーグ戦では連勝。ようやく追い風が吹いてきたC大阪。結果が出ている要因の一つに挙げられるのが、システムを[3-4-2-1]に変更しての戦いが機能していること。

そして、そのカギを握っているのが、3CBの左右に入っているオスマル(写真)と木本恭生だ。後ろから戦況を見守るGKキム ジンヒョンも、「いまはカウンターだけではなく、僕らがボールをつなぎながらの攻撃も増えてきた。中でも、ヤス(木本恭生)とオスマルからスタートするボールがうまくつながっている。そこでいいパスが入ると、キヨ(清武弘嗣)やソウザも足元がうまいので、そこから攻撃が展開できる」と話すように、彼ら2人が起点となることで、攻撃に流れが生まれている。

3CBが起点になれることで、丸橋祐介と松田陸の両ウィングバックの高い位置取りも可能になっているが、その一方で、サイドの裏は相手にとって狙いどころにもなる。今節の相手、広島も、当然そこは狙ってくるだろう。「うまく連係して守りたい」と丸橋は話すが、サイドでの攻防はこの試合の一つのポイントになりそうだ。

攻撃の起点、守備のカバーリングと、攻守でカギを握ることになりそうなオスマルだが、22日に行われた天皇杯4回戦(ラウンド16)でも先発。常日頃、「私のキャリアとして、今までの5年間はいつも年間50試合くらい戦っていた。連戦でも大丈夫だよ」と話しているが、120分間を戦い抜いた疲労も懸念される。それでも、試合後は、「サッカーのいいところは、試合が続くこと。しっかりとリカバリーして、頭の準備もして、次に切り替えていきます」と前向きに語っていた。

新システムのキーマンであるオスマル。首位撃破を目指す今節も、重要な役割を担いそうだ。

文:小田尚史(C大阪担当)


明治安田生命J1リーグ 第24節
8月25日(土)19:00KO ヤンマー
セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島
ヤンマースタジアム長居(セレッソ大阪)
みんなの総合評価 (4.3)
臨場感 (3.8)
アクセス (4.7)
イベント充実 (4.2)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.5)

移籍情報