【大分 vs 徳島】 ウォーミングアップコラム:変わらぬ天才肌。小手川宏基はサッカー楽しみながら勝利も目指す

2018年8月24日(金)


前節の東京V(△0-0)はスコアレスドローで終わり、今季2度目の4連勝とはならなかったが調子は上向きだ。好調の流れを作ったのは中盤を3枚にしたシステム変更であり、その中盤の一角を担う小手川宏基(写真)の存在は大きい。

丸谷拓也、前田凌佑、小手川のサッカーIQの高いインテリジェンスのある3人を並べた中盤は、“横ズレと縦ズレ”を意識し、絶妙な距離間でスライドする。前線とサイド、最終ラインをつなぎ、攻撃においてはパスを左右前後にスムーズに経由させ、守備では連動した動きでボール保持者を囲み、ボールを奪う。

攻守に渡ってスペースを制圧するために、片野坂知宏監督が徹底する位置的、数的、質的優位を作るための複雑な動きを感覚でできるのが小手川だ。「考えすぎると判断が遅くなる。中盤の二人(丸谷、前田)が気の利いたプレーができるので、それに反応しながらやっているだけ」と事もなげに言う。

天才肌の小手川の才能を誰よりも早く見抜いたのは片野坂監督だった。現役を引退し、指導者の道を歩む前の2年間、片野坂監督は大分で強化部のスカウト担当をしている。その当時の仕事ではジュニア世代から高校年代までを担当しており、小手川を他チームから大分トリニータU—18にスカウトしたのが初めての仕事だった。「あの頃の大分の小学生年代は小手川と清武(弘嗣・C大阪)の二巨頭で、こんなに巧い小学生がいるんだと驚いた」と当時を振り返る。

あれから十数年の時を経て、今は選手と監督として大分のJ1昇格に尽力している。小手川は「今は楽しくプレーできているし、目の前の試合に集中できている。まだ順位がどうこう言っても仕方ない。カタさん(片野坂監督)の要求に応え、チームが勝つために自分ができることをするだけ」と勝敗に一喜一憂することなく、今節も平常心で臨む。

文:柚野真也(大分担当)


明治安田生命J2リーグ 第30節
8月25日(土)19:00KO 大銀ド
大分トリニータ vs 徳島ヴォルティス
昭和電工ドーム大分(大分トリニータ)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (4.1)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.7)
アウェイお楽しみ (3.6)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報