【金沢 vs 東京V】 ウォーミングアップコラム:DF山本義道、プロデビューは突然に

2018年8月31日(金)


前節・讃岐戦、金沢の大卒ルーキー・DF山本義道(写真)がプロデビューを果たした。山本はびわこ成蹊スポーツ大学から加入したセンターバックだが、守備陣の壁は厚く、なかなか出場機会が巡ってこなかった。

しかし、讃岐戦でDF廣井友信が開始早々に負傷するアクシデントが発生。前半6分、ベンチ入りしていた山本がスクランブル発進。突然のプロデビューだった。

「あのときはめっちゃ緊張した。センターバックなのでよほどのことがないと代わらないところ。まさか前半6分で代わるとは思っていなかった」。

この言葉とは裏腹に、山本は冷静だった。「みんなが『居残り練習でやってきたことを出すのが今だぞ!』みたいな感じで言ってくれたので、自信を持ってグラウンドの中に入れた」。ただ、「ファーストプレーは頭が真っ白で、(藤村)慶太くんに出したところを取られてカウンターを受けそうになった」ものの、味方からの声かけもあって自分のプレーを取り戻し、讃岐のロングボールを持ち味のヘディングで跳ね返していった。

試合は2-0の勝利。「結果も付いてきたし、自信が持てるようなプレーができた」と手ごたえ十分のデビュー戦となった。讃岐戦の少し前に「一生懸命、地道にやっているから少しずつ変わっているよ」と、山本の変化に触れていた柳下正明監督も「実戦であれだけやれれば、自信になったんじゃないかな」と話した。

讃岐戦を欠場したDF作田裕次が、今週は全体練習に復帰。山本はこれからも激しい競争に挑んでいく。

文:野中拓也(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第31節
9月1日(土)19:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ
石川県西部緑地公園陸上競技場(ツエーゲン金沢)
みんなの総合評価 (3.4)
臨場感 (2.7)
アクセス (3.1)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.7)