【沼津 vs 北九州】 ウォーミングアップコラム:「慣れないポジションで自分のできることに徹した」。藤嵜智貴が前節鳥取戦を振り返る

2018年9月1日(土)


約1カ月の中断期間を経て、リーグ再開を迎えた明治安田J3。再開初戦となった前節、アウェイで鳥取と対戦した沼津。試合は、沼津が開始早々に先制点を奪うが、前半に立て続けに2失点。一時は逆転を許す苦しい展開となる。1点ビハインドで迎えた後半に、途中起用となった染谷一樹が値千金の同点ゴールを決め、しぶとく勝点1を手にした。尾崎瑛一郎は、「前半よりも後半の方が相手のサッカーに慣れてきたことで、チームの良さがより出せた」と最後しぶとく追いついた要因を明かした。

また前節、第9節藤枝戦以来のスタメンに名を連ねた藤嵜智貴(写真)。本来最も得意とする左サイドバックではなく、センターバックでの出場となったが、久しぶりの実践でのパフォーマンスについて「慣れないセンターバックでの出場だったので、必要最低限自分のできることに徹してプレーした。その部分は良かった」と慣れないポジションの中でシンプルにプレーしたことで一定の手応えはつかんだ。一方で、「反省しなければいけないところも見つかった。そこは今後に繋げていきたい」と反省点も見つかり、改善に向けて意気込む。

今節、柱谷哲二監督就任後負けなしと復調傾向にある16位北九州をホームに迎え撃つ。今節も出場が期待される藤嵜だが、「1対1での対応や運動量といった自分の特徴をしっかりと発揮したい」と自身の持ち味を発揮することで勝利への貢献を誓い、「ホームでしっかりと勝てるように頑張りたい」と必勝を誓った。ホームで無類の強さを見せる沼津が、北九州の勢いを止めることができるか注目の一戦になりそうだ。

文:森亮太(沼津担当)


明治安田生命J3リーグ 第21節
9月2日(日)15:00KO 愛鷹
アスルクラロ沼津 vs ギラヴァンツ北九州
愛鷹広域公園多目的競技場(アスルクラロ沼津)
みんなの総合評価 (3.2)
臨場感 (3.5)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.0)

移籍情報