【鹿児島 vs 福島】 ウォーミングアップコラム:移籍後初ゴールの薗田卓馬 エンブレムにキスの意味は

2018年9月7日(金)


移籍後初ゴールを決めた彼は、鹿児島ユナイテッドFCのエンブレムにキスをし、スタンドのサポーター席へと駆け寄った。そのシーンが脳裏に焼き付いて離れない。

明治安田生命J3リーグ第21節、鹿児島ユナイテッドFCはY.S.C.C横浜に4-0と大勝した。その中で3点目を決めたのが徳島ヴォルティスから期限付き移籍で加入した薗田卓馬だ。この日、薗田は1ゴール2アシストと大量得点での勝利に大きく貢献した。「サポーターに勝利を届けたいという気持ちがあったので(ゴールの後)サポーター席に行けて良かったです」薗田はこう振り返る。

昨シーズンは同じJ3リーグ・アスルクラロ沼津に所属し、リーグ2位の得点ランキングを誇る薗田の存在は鹿児島サポーターなら誰もが知っていた。去年、鹿児島に所属していた藤本憲明と得点王争いをしていた薗田が今、鹿児島のユニフォームを着てピッチで戦っている。「成長させていただいた沼津や、徳島ヴォルティスへの大切な想いももちろんあります。でも今こうして地元・鹿児島への想いが大きくなってきていますし、自分の力で鹿児島を勝利に導きたいという気持ちが強まっている。」薗田はこれまで在籍してきたチームに感謝を忘れない。そして今こうして鹿児島の一員として戦う瞬間も、真っ直ぐに真剣に“鹿児島”を想い戦っているのだ。その心があのエンブレムにキス、というシーンに繋がっているのだろう。

彼の信念を聞いてみた。「まず地元でサッカーができていること。支えてくださるスポンサー、フロント、サポーター、チームメイトみんなで戦ってJ2昇格を目指したいという想いは誰よりも強いと思います」そう答えてくれた。今節、福島ユナイテッドFC戦は薗田にとって加入後初めてのホームゲームになる。家族や友人もスタジアムに応援に来てくれるのだとか。『紺の魂三大決戦』と銘打った大切な戦いの初戦となる福島戦、帰ってきた薩摩隼人が地元鹿児島を魅了する姿をぜひサポーター全員で後押しして欲しい。

文・写真:有賀真姫(鹿児島担当)


明治安田生命J3リーグ 第22節
9月8日(土)19:00KO 白波スタ
鹿児島ユナイテッドFC vs 福島ユナイテッドFC
白波スタジアム(鹿児島ユナイテッドFC)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (3.7)
アクセス (3.6)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.5)
アウェイお楽しみ (3.7)

移籍情報