【C大阪 vs 湘南】 ウォーミングアップコラム:逆転での準決勝進出へ向けて、「可能性を信じて最後まで全力でやりたい」。木本恭生がチーム全体の思いを伝える

2018年9月8日(土)


C大阪にとって今季のルヴァンカップ初戦、敵地で迎えた湘南との準々決勝第1戦は、0-3で敗戦。攻守において相手に圧倒される、よもやの完敗を喫した。

もっとも、試合後のセレッソサポーターから選手に向けられたのは、ブーイングではなく、第2戦へ向けた激励も込めた、「セレッソ大阪」コール。「ブーイングではなく、ああいう(励ましの)声をかけてくれた人たちのためにも(第2戦は)頑張らないといけない。チャンスがある限り、可能性を信じて最後まで全力でやりたい」と試合後に話したのは木本恭生。

振り返れば、優勝した昨季の同大会も、険しい道を乗り越えてきた。G大阪との準決勝では、ホームでの第1戦を2-2で引き分けたC大阪は、アウェイでの第2戦。後半アディショナルタイムの90+4分台まで1-1の同点であり、このまま試合が終われば準決勝敗退という窮地に追い込まれていた。その土壇場で、チームを救う決勝点を決めたのが木本だった。ゆえに、「可能性を信じて最後まで全力でやりたい」という言葉には重みがある。

もちろん、厳しい戦いになることはわかっている。それでも、「気持ちの面で『絶対に勝つ』という気持ちを出していかないと、勝てる試合も勝てない。前半、先に1点取ればチャンスはある。ホームなので、1点入れば雰囲気も変わる。第1戦は相手の勢いに負けて前半で失点してしまったけど、逆に今度は自分たちが飛ばしていくことも大事」と試合を見据える。

そして、「最後、もし点を取りに行かないといけない状況になったら積極的に上がりたい」──。繰り返すが、まだ決着はついていない。アウェイでやられた分を、ホームでやり返すだけ。前回大会王者としての誇りを胸に、C大阪が第2戦での逆転を目指す。

文:小田尚史(C大阪担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦
9月9日(日)19:00KO ヤンマー
セレッソ大阪 vs 湘南ベルマーレ

スタジアムナビ