【川崎F vs 鹿島】 ウォーミングアップコラム:鈴木雄斗が頼もしい仲間とともに目指すもの

2018年9月8日(土)


今季山形から移籍の鈴木雄斗は、鹿島でのファーストレグを前に、アウェイゴールルールについて「そういうのはじめてなので」と苦笑いしつつ「テレビは見たりしてて、なんとなくそういうのが大事だなというのは思いますし、負けたとしても点が取れたら次に繋がるのはわかっているので。そういうのはおもしろいですね」と話していた。

その鈴木が先発フル出場したファーストレグは1−1のドローで決着。川崎フロンターレはアウェイゴールを1点奪うことに成功している。ただしそのアドバンテージを使えるのは0−0の結果に終わった場合のみ。チーム内はファーストレグの結果はあまり気にしておらず、単純に勝てば勝ち上がり、という状況だけを見ている。

その点鈴木も同点の場合の組み合わせは考えつつも「基本的に勝つということが大事だと思いますし、みんなで勝ちに行く気持ちでいる」と話していた。

ファーストレグを振り返る鈴木は「前回の試合(ファーストレグ)は前にパワーを出せなかったというのは自分の中でちょっとあった」のだと反省。また高さが生かせるCKも少なかったということも念頭に攻撃面でCKを増やせるよう「エウソン(エウシーニョ)と、FW、ボランチといい感じで崩せたらなと思います」と話していた。

鈴木の縦への推進力はおもしろいが、一人でゴリゴリ行くだけでは芸がない。また2トップにいいボールを合わせられればチャンスも広がる。そうした反省点を胸に、この鹿島とのセカンドレグを見据えていた。

なお、鹿島とは過去に所属した水戸、山形時代にも対戦していたというが今回は川崎Fの一員としての対戦ということで「実際にやってみてうちのチームは頼もしいなと思いました」と感じたとのこと。頼もしいチームメイトとどれだけ連携していけるのか。そして結果的に準決勝進出を決められるのかどうか。鈴木のプレーぶりとともに注目したいと思う。

文:江藤高志(川崎F担当)


JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦
9月9日(日)19:00KO 味スタ
川崎フロンターレ vs 鹿島アントラーズ
味の素スタジアム(川崎フロンターレ)
みんなの総合評価 (4.0)
臨場感 (3.0)
アクセス (4.0)
イベント充実 (3.0)
グルメ (3.0)
アウェイお楽しみ (3.0)

スタジアムナビ