【相模原 vs 沼津】 ウォーミングアップコラム:松本孝平がチームを勝利に導くゴールを決める

2018年9月11日(火)


リーグ戦再開後、2連敗と苦しい戦い続いている相模原。その中、2試合連続で途中交代が続いている松本孝平は「何も言うことはないですね。自分のプレーが悪いので交代しているわけですし、自分をもっと成長させるしかないですね」と唇を噛む。
 
この2試合の試合内容を見ると、シーズン序盤に白星から遠ざかっていた時期と似ている。特に前節・秋田戦は前線から守備がハマらず相手にボールを保持され、前線の選手も必死になって戻りながら守備をする。だが、そこでパワーを使ってしまっているため、せっかくボールを奪っても攻撃へ出て行けずボールロストの繰り返し。自分たちで守備の時間を長くしてしまっている悪循環の時間が多かった。
 
そこでポイントになるのが前線でいかに収め、起点を作れるか。その役割を松本が果たせていなかったことが苦戦を強いられた原因でもある。それは本人も「前線で勝てないと後ろも前に出てきづらいと思う。前がどうにかして身体を張って、後ろが安心して出て来られるようにしないと押し込まれる展開になってしまうので、そこは成長しないといけない」としっかり気が付いている。今節の相手・沼津はリーグ最少失点の堅守を誇るだけに、この試合ではより一層、背番号39の出来がカギを握りそうだ。
 
さらに、今節はチーム得点王のジョン ガブリエルが出場停止。松本には得点源としての期待も懸かる。夏場に加入以降、5試合連続で先発出場を続けているが、いまだノーゴール。そろそろ自身にとってもチームにとってもゴールが欲しいところだ。「ジョンがいない中で沼津とやれるので、ジョンだけではないところをここで1つ見せたい」と意気込むストライカーに注目だ。

文:須賀大輔(相模原担当)


明治安田生命J3リーグ 第3節
9月12日(水)19:00KO ギオンス
SC相模原 vs アスルクラロ沼津

スタジアムナビ