【鳥取 vs F東23】 ウォーミングアップコラム:逆転でのJ2昇格へ、攻守両面での奮闘を誓うMF魚里直哉

2018年9月21日(金)


中断期間中にC大阪から完全移籍で加入し、再開初戦の第20節から先発出場を続けているMF魚里直哉(写真)。前節の秋田戦では開始直後に、左からのセンタリングでFWレオナルドの先制点をアシストした。「中央にかなり人数がいたので、触っただけで入るボールを蹴ろうと思った。狙い通りのボールでした」。利き足は右足だが、左足で鋭いボールを送ってゴールをお膳立てした。

C大阪U-18から関西学院大を経て、今季C大阪に加入。U-18から大学を経由してトップチームに戻ってきた選手は、クラブ史上初めてだったが、J1リーグでの出場機会はなかった。主戦場はJ3リーグのC大阪U-23で、そこでのプレーぶりが鳥取の強化部に目に留まり、完全移籍でのオファーが届く。

愛着あるクラブに戻ってきたばかりのシーズン。「移籍するかどうか、最後の最後まで迷った」という。「でも吉野さん(智行=強化部長)が『J2昇格のために力を貸してほしい』と強く言ってくれて。そんなうれしいことはサッカー人生でも、なかなかないと思います。今年、このチームで昇格したい」という思いとともに、新天地に移ることを決断した。

重圧のかかる昇格争いの中で先発出場を続け、確かな充実感がある。一方で鳥取は前節、魚里のアシストからの先制点も実らず、2-2で引き分け。前々節に続く2試合連続の引き分けで、J2昇格圏内の2位との勝点差は10に広がり、残り10試合で状況はさらに厳しくなった。

「鳥取は前線の選手が強力なので、1試合に1点は必ず取ってくれる。あとは失点をゼロに抑えられるかどうか。勝つためには、守備で一歩寄せられるか、どこまで攻め込まれたときに、どう守るのか、といったところを、しっかり合わせていくことが大事。自分もサイドでの守備にかかわってくるので、しっかりコミュニケーションを取ってやっていきたい」

勝ち続けて、逆転でのJ2昇格へ。FC東京U-23をホームに迎える今節を、その足がかりにすべく、攻守両面での奮闘を誓う。

文:石倉利英(鳥取担当)


明治安田生命J3リーグ 第24節
9月22日(土)18:00KO とりスタ
ガイナーレ鳥取 vs FC東京U−23
とりぎんバードスタジアム(ガイナーレ鳥取)
みんなの総合評価 (4.2)
臨場感 (4.9)
アクセス (3.8)
イベント充実 (3.5)
グルメ (4.0)
アウェイお楽しみ (3.9)

移籍情報