【松本 vs 熊本】 ウォーミングアップコラム:下川陽太に刺激を与える、ふたりの『田中』

2018年9月22日(土)


「決して今の順位にいるチームではない」と反町康治監督が評するのは、松本が今節に相対する熊本だ。前節は東京Vから勝点1をしぶとく奪取するなど、残留争いからの脱却を目指して士気は高いだけに難敵である。

要注意人物は数多いが、特に6得点11アシストを記録するなどリーグ屈指のサイドプレーヤーとして成長を遂げた田中達也の封印は、今節の松本に与えられた命題となる。右も左も両方できるため、どちらに配置されるかは分からないが、危険人物であることに変わりはない。同じWBとして対峙する可能性のある下川陽太(写真)も警戒を隠さない。

「熊本の攻撃の起点になっていて、逆に田中選手を抑えることで熊本の攻撃は機能しなくなるんじゃないかなと思うくらい強烈な選手。天皇杯でも開幕前キャンプの練習試合でもマッチアップしているが、縦に速いし、クロスの精度も高い。とにかく嫌な選手という印象が強いです」

反町監督は前節・山口戦の試合後にメンバーの変更も示唆しており、前への推進力を特長とする新卒ルーキーが先発起用されても不思議ではない。もしチャンスが与えられたならば絶対に逃すわけにはいかない。第31節・水戸戦から先発復帰を果たし、高いパフォーマンスを発揮し続けている田中隼磨のように。

「ハユさんは出場機会の限られていた時からトレーニングから気を抜かずにやってきて、練習試合でもゴールやアシストを記録してきた。だからこそ、いざ試合に出た時でも結果を出すことができる。そういう姿勢は見習わないといけないし、僕もそういう選手になっていきたい」

田中隼磨の姿勢を見習って、田中達也を封じ込む――。ラストスパートを前に更なる飛躍を期す下川に、ふたりの『田中』が大きな刺激を与えている。

文:多岐太宿(松本担当)


明治安田生命J2リーグ 第34節
9月23日(日)14:00KO 松本
松本山雅FC vs ロアッソ熊本

スタジアムナビ