【金沢 vs 山形】 ウォーミングアップコラム:結果にこだわるルーキー、MF島津頼盛

2018年9月23日(日)


今季、興國高校から金沢に加入した高卒ルーキー・MF島津頼盛(写真)。ここまで4試合に途中出場しており、得点が欲しい状況下で投入されている。公式戦ではボランチを務めることが多かったが、前節・新潟戦は本職のトップ下でプレー。

「前向きで結構ガンガンいけたけど、シュートまでいけなかった。少ない時間でも結果ですね。ああいうときでも結果を残していかないと、やっぱり出られないと思う。数字にこだわっていかないといけない」。

トップ下に入れば、本領を発揮するチャンス。狭いスペースでも恐れずにボールを受けて前を向き、そこからは「ガーッといく」。ただ、その中でもプロ入り後はプレースタイルにも変化がある。

高校時代は目の前で対峙する相手DFのことしか考えていなかったという島津だが、「ボールを持ったときにフリーな選手がいたら、出すか出さないかの選択がある。自分がフリーだったらいくし、フリーな選手がいてゴールにつながりそうだったら、そこに出して、また受ける」。そうしてゴールへ迫り、決定的な仕事を狙っていく。

新潟戦でプロ初ゴールを挙げたDF山本義道に続き、島津にもプロ初ゴールが生まれることを期待したい。

文:野中拓也(金沢担当)


明治安田生命J2リーグ 第34節
9月24日(月)15:00KO 石川西部
ツエーゲン金沢 vs モンテディオ山形
石川県西部緑地公園陸上競技場(ツエーゲン金沢)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.3)
アクセス (2.9)
イベント充実 (4.0)
グルメ (4.1)
アウェイお楽しみ (3.8)

移籍情報