【讃岐 vs 町田】 ウォーミングアップコラム:キープスマイル森川裕基、讃岐の漢になれ!

2018年9月29日(土)


9月30日(日)開催の、2018明治安田生命J2リーグ 第35節 カマタマーレ讃岐 vs FC町田ゼルビア(14:00キックオフ/Pikaraスタジアム)は、台風24号の影響により、試合中止となりました。

非常事態だ。キャプテン高木和正(背番号10)の負傷離脱に続いてFW木島徹也(背番号13)が山形戦で右膝前十字靭帯断裂、今シーズンの出場が絶望的となった。環境が整っていない中でもここまでやれるんだと証明してきた讃岐がいま正念場に立たされている。西野泰正、高橋泰、そして馬場賢治と受け継がれてきた讃岐の背番号11をつける森川裕基(写真中央)に話を聞いた。

大森一:まずは、山形戦の同点ゴールの振り返りから。
森川裕基:なかなか自分自身もここ数試合チャンスが無くて、ホームで久々に出場して、何とかゴールっていう結果を出したいと思っていました。上手くボールに反応してしっかり決めれて良かったです。次は勝利に導けるゴールを取りたいです。

大森一:馬場賢治選手から引き継いだ背番号11について。
森川裕基:背番号については、あんまり外に言いたくは無いですけど。前任者が賢治くんっていうのもあって、責任とか背番号に対する重さを感じます。賢治くんに負けないっていう気持ちに支えられていて、ちょこちょこ連絡も取らせてもらって刺激をもらってます。11番に見合う”漢”に、11番に見合う選手になれればと思います。超えられれば良いですけど(笑)。

大森一:今シーズン、残り8試合にかける思いは。
森川裕基:残り試合も少なくて厳しい状況ですけど、チームとしては一戦一戦、勝点を積み上げていくしかないですし、その為にチーム一丸となってやっていきたいです。

大森一:マイブームに靴磨きとありますが、美しく仕上げるコツを教えてください。
森川裕基:美しく仕上げるコツですか?(笑) 気持ちを込める事! 技術的なことは恐れ多くて言えないので、気持ちをこう込めながら、磨くことですかね。

大森一:最後に森川選手が大切にしている言葉を教えて下さい。
森川裕基:「感謝」ですね。理由はやっぱり、今までの人生の中で、色々あった中で今こうしているのは、両親であったり、今までの指導者の方々であったりとか、先生もですけど、そういった方々がいてこその「今」だと思うので。やっぱり感謝の気持ちを持つというのがありますね。

大森一:ありがとうございました。

「J2残留」その歓喜に向かって、ワンタッチ・ワンプレーが勝負になる8試合720分。キープスマイル、カマタマーレ讃岐。全てを包み込むのだ。

文:大森一<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J2リーグ 第35節
9月30日(日)14:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs FC町田ゼルビア
Pikaraスタジアム(カマタマーレ讃岐)
みんなの総合評価 (3.3)
臨場感 (3.0)
アクセス (2.6)
イベント充実 (2.7)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (3.1)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集