【水戸 vs 熊本】 ウォーミングアップコラム:船谷圭祐「このままじゃ終われない」

2018年10月20日(土)


前節東京V戦、1点を追う展開の中、76分にピッチに投入されたのが船谷圭祐(写真)だった。左MFの位置に入ったレフティーは軽やか、かつ、ダイナミックなプレーで再三決定機を演出。自らも果敢にゴールを狙っていった。

期する思いは強かった。船谷にとって5試合ぶり、今季4試合目の出場だった。13年に水戸に加入して以降、チームを引っ張ってきた男にとって、決して満足できる状況ではなかった。久々にめぐってきたチャンスに燃えないわけがなかった。「結果を出してアピールしたかった」と振り返る。

そして、「チームにとっても絶対に負けられない試合だった」(船谷)。勝利しなければ、目標としていた「6位以内」への可能性が潰えてしまう。なんとか逆転して、勝点3を手にしようと、船谷は力のすべてを出し切る覚悟でピッチに立った。

しかし、決定機を作ったものの、東京Vの粘り強い守備をこじ開けることができないまま試合は終了。悔やまれる敗戦を喫してしまった。「とにかく結果を出せなくて残念」。船谷は唇を噛んだ。

ただ、水戸の戦いが終わったわけではない。「過去最高順位、過去最多勝点」を目指して残り5試合を戦い抜く。それを達成することが次なるステップにつながることとなる。船谷は力のこもった声でこう意気込みを口にした。

「試合を見に来てくれる人たちに対して、このままじゃ終われないという気持ちが伝わるような試合をしていかないといけない。そうしないと次につながらないと思います。とにかく結果にこだわって戦いたいと思います」

これまで水戸を支えてきた男の意地を、残り5試合にぶつける。

文:佐藤拓也(水戸担当)


明治安田生命J2リーグ 第38節
10月21日(日)14:00KO Ksスタ
水戸ホーリーホック vs ロアッソ熊本
ケーズデンキスタジアム水戸(水戸ホーリーホック)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.2)
アクセス (2.8)
イベント充実 (3.5)
グルメ (3.9)
アウェイお楽しみ (3.2)

スタジアムナビ