【山口 vs 栃木】 ウォーミングアップコラム:上昇気流に乗る鳥養祐矢。2年前を超えて、その先へ。

2018年10月27日(土)


鳥養祐矢(写真)
は前節、ゲーム途中から右サイドの高い位置で出場し、クロスからチャンスを作った。結果こそスコアレスドローに終わったものの、ボールを求めてハードワークし、苦しい試合に可能性の光を当てた。

ジェフリザーブズ時代から鳥養を知る霜田正浩監督は今年、ハードワーカーぶりを買って左サイドバックに抜てき。4バック時は本職のプレーヤーのポジションを奪う活躍を見せている。ただ、前節は右サイドで出場停止選手が相次ぎ、リズムを出すために指揮官は鳥養を「本来の」ポジションに戻した。

「シュートシーンまで行けたいいシーンもあったが、反省しなければいけないところも出た」。鳥養は試合をそう振り返ったが、霜田監督は「攻撃のリズムやテンポを出したかったのでトリを早めに入れた。もともと攻撃の選手。今年は左サイドバックにチャレンジしてもらっているが、前を向いたらサイドから両足で蹴られる」と評価。実際に鳥養が入ったことで、主軸を失っていた右サイドにボールが渡るようになった。

ユーティリティーさを改めて示した試合だったと言えよう。鳥養は柔軟に新しいポジションに溶け込み、「今までは得点を取る立場だったが、役割がゲームを作る部分に変わってきた。いろんな視点からサッカーを楽しめている」と笑顔を向ける。その余裕は戦術理解力の高さから出てくるものながら、「僕だけが理解するのではなく、全員が理解できるようサポートにも力を使っている」と若い選手への気遣いを忘れないのも鳥養らしい。

山口は現在、勝点52。あと一つでJ2昇格初年度の2年前のスコアに並ぶ。鳥養にその話をすると、「僕らの目標はまだ上」と手を振った。「プレーオフ圏内がまだ数字上は残っている。可能性がある限りは諦めないと全員が思っている」。さらにこう付け加えた。「霜さんが日頃から言う、選手として成長していくという部分。試合を重ねて成長できるように目の前の試合を戦えればと思う。そのあとに結果がしっかり付いてきてくれればありがたい」--。

「今までは運動量や走力に頼っているところはあった」と話す鳥養は今年、いくつものポジションや役割を求められて着実にステップアップ。30歳になった今でも、明らかに技術や思考は伸び続けている。

残り4試合も成長と結果を変わらずに追い求めるが、中でも今節は特別な一戦。チーム最多勝点が懸かるばかりか、プレーオフ圏や上位進出に向けても節目になる。相手は栃木SCで、「大黒さんは一発を決める力だったり、背後を取る動き出しは日本のストライカーでもトップレベル」と警戒する大黒将志への供給を絶つためにも、鳥養の戦術理解力とハードワークは一層重要になる。必ずしも楽な戦いにはならないが、目指す地平は汗して戦った先に広がっているだろう。これからのために、これまでを超えていく鳥養祐矢。「成長のために戦う」姿勢を貫いてみせる。

文:上田真之介(山口担当)


明治安田生命J2リーグ 第39節
10月28日(日)15:00KO みらスタ
レノファ山口FC vs 栃木SC
維新みらいふスタジアム(レノファ山口FC)
みんなの総合評価 (4.4)
臨場感 (3.8)
アクセス (4.1)
イベント充実 (4.1)
グルメ (3.6)
アウェイお楽しみ (4.2)

スタジアムナビ