【鹿島 vs C大阪】 ウォーミングアップコラム:永い雌伏の時を経て「勝ちにこだわる」久保田和音

2018年10月30日(火)


2月14日のAFCチャンピオンズリーグ上海申花戦を皮きりに、今季ここまで、鹿島は49試合の公式戦を戦ってきた。リーグ戦30試合、ACL12試合、ルヴァンカップ4試合、天皇杯3試合という過密日程を戦ってきた大岩剛監督は、シーズン当初から「総力戦」という言葉を使い、チーム全体をまとめてきた。その言葉どおり、これほど多くの選手がピッチに立ったシーズンは無いだろう。

シーズンの早い段階で大卒ルーキーの山口一真がデビューを飾り、2年目の小田逸稀や3年目の田中稔也がリーグ戦初先発を経験する。4人いるゴールキーパーはほぼクォン スンテか曽ヶ端準で固定されてきたため、川俣慎一郎と沖悠哉が出場することはなかったが、フィールドプレーヤーはシーズン途中で移籍した金崎夢生やペドロ ジュニオール、植田 直通を含めてもたった一人を除いて全員が試合で起用されてきた。4年目の久保田和音(写真)にはなかなか声がかからなかった。

しかし、その久保田に今季初めて大きなチャンスが舞い込もうとしている。セレッソ大阪戦のあと中2日でACL決勝第1戦を迎える鹿島は、大胆なメンバー変更で備えており、久保田にも先発の機会が与えられそうだ。いままで天皇杯やルヴァンカップでの出場経験はあるがリーグ戦に出るのは初めてのこと。久保田は静かに闘志を燃やす。

「僕たちが勝てば勢いづいて次のACLに行ける。全力で勝ちにこだわってやっていきたいと思います」

出番が巡って来ないことは精神的にきつかった。しかし、「それが実力」と自分に言い聞かせる。大岩監督やジーコテクニカルディレクターからは「いつ出番が来るかわからないぞ」と言われて準備を積み重ねてきた。

「去年試合に出たときは“たのしみ”という感覚はなかったんですけど、今回はたのしみです」

普段と変わらない表情を見せた久保田。繊細なボールタッチでゲームメイクを担う。

文:田中滋(鹿島担当)


明治安田生命J1リーグ 第31節
10月31日(水)19:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs セレッソ大阪
県立カシマサッカースタジアム(鹿島アントラーズ)
みんなの総合評価 (4.7)
臨場感 (4.8)
アクセス (3.0)
イベント充実 (4.1)
グルメ (4.8)
アウェイお楽しみ (3.6)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報