【横浜FM vs FC東京】 ウォーミングアップコラム:“ルヴァンの悪夢”払拭の旗手は山中亮輔!

2018年11月2日(金)


ルヴァンカップ決勝は、惨敗に終わった。湘南の疾風を残念ながら止めることができなかった。

その最初のきっかけを与えてしまったワンプレーが、頭から消えない。キックオフ早々にシュートを打たれたあとの短いゴールキック。左サイドの山中亮輔(写真)にボールが渡ったのだが、岡本拓也の強烈なプレスに詰められ、ボールを失い、開始50秒で2本目のシュートを打たれた場面だ。その際、パスをもらいに行った選手に対しても、相手選手はマークに付いていたので、パスの出しどころがなく、動揺があったかもしない。しかしその後、“試合の入り”に成功した湘南が勢いを増しただけに、あのプレスを回避できていたら…と悔やまれる。山中なら、なんとか凌げたのではないかと。

「湘南はゴールキックでハメてきた。前に進めることができなかったが、もう少し簡単に前に運ぶような戦い方をしなければいけなかった」

試合後、あのシーンも内包した反省の弁を述べた。この教訓を生かさなければ意味がない。しかもその機会が早速、訪れそうだ。それが今節のFC東京戦。前回の対戦では、ショートカウンターを得意とするチームの術中にハマり、2-5と屈辱的な敗戦を喫した。今回、山中にはプレスの回避はもちろん、引いて守るであろうFC東京対策として、左足ミドルの一発も期待したい。

また、先のFC東京戦後に山中は、「相手のブロックに対して、自分がインサイドに入っても何も変わらなかった。むしろその方が相手もラクそうだった。後半はサイドに張っていたが、そっちのほうが相手のブロックも動いていた」と語っていた。実際にアウトサイドに張ってプレーする機会が増えれば、日本代表定着を狙う右SB室屋成と、より多く対峙するはず。森保ジャパン選出への足掛かりを作るためにも、山中にとって絶対に負けらないマッチアップだ。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)


明治安田生命J1リーグ 第31節
11月3日(土)14:00KO 日産ス
横浜F・マリノス vs FC東京
日産スタジアム(横浜F・マリノス)
みんなの総合評価 (4.1)
臨場感 (3.4)
アクセス (4.3)
イベント充実 (4.0)
グルメ (3.5)
アウェイお楽しみ (3.4)

スタジアムナビ