【讃岐 vs 京都】 ウォーミングアップコラム:拝啓 北野誠カマタマーレ讃岐監督

2018年11月16日(金)


人は失った時、その存在の大きさに気づく。明治安田生命J2リーグ、今シーズンも残り2試合となった平成30年11月6日午後、カマタマーレ讃岐を9年間率いて来た北野誠(写真)監督の今季限りでの退任がクラブから発表された。成績不振を理由に本人からクラブに申し出があったという。今節は北野監督が讃岐の指揮をとる最後の試合になる。わずかにJ2残留の可能性が残る21位を争う相手がロアッソ熊本、最終節の対戦相手が京都サンガF.C.と、北野監督にゆかりのあるチームだということも、運命的なものを感じる。

思い返せば、生まれ故郷の讃岐を率いた北野監督は就任1年目で地域リーグを無敗で優勝、第34回全国地域サッカーリーグ決勝大会を制覇し、カマタマーレ讃岐の長年の夢であったJFLに昇格した。その勢いはとどまることを知らず、JFL3年目、就任4年目でJ2昇格という快進撃。それは、香川のサッカーファンにとってまるで夢をみているような出来事だった。J2昇格後もレベルの高いサッカーに苦しみながらも毎年残留争いを勝ち抜きカテゴリーを死守。だがJ2で5年目のシーズンを迎えても、クラブはJ1ライセンスの取得には至らなかった。

Jリーグのある週末。勝てば共に喜び、負ければ共に泣く。スポーツ文化不毛の地と思われた香川にサッカー文化が根付き始めたこの時点での北野誠監督の退任は誠に残念だ。

物事を突き動かすのはリーダーの情熱でしかない。讃岐をここまで引っ張って来たのは間違いなく北野誠の「強い意志」だ。今回の退任もこのままでは残り試合に勝てない。応援してくれているファン・サポーターのために、チームをひとつにする捨て身の采配だと思えてならない。勝負は時の運、だが明日はカマタマーレ讃岐が過去最高に輝く瞬間を目撃したい。

 拝啓 北野誠カマタマーレ讃岐監督、香川にJリーグをありがとう。


文:大森一<オフィスひやあつ>(讃岐担当)


明治安田生命J2リーグ 第42節
11月17日(土)14:00KO ピカスタ
カマタマーレ讃岐 vs 京都サンガF.C.
Pikaraスタジアム(カマタマーレ讃岐)
みんなの総合評価 (3.5)
臨場感 (3.1)
アクセス (2.7)
イベント充実 (2.9)
グルメ (3.8)
アウェイお楽しみ (3.4)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報