【沼津 vs 秋田】 ウォーミングアップコラム:高いインテリジェンスの裏にある12アシスト。その砂森和也の経験とは?

2018年12月1日(土)


いよいよJ3も最終節。沼津は、今季目標としてきたJ3優勝を逃したが、シーズン終盤まで上位をキープしてリーグ全体を盛り上げたことは間違いない。ただ今季も課題は、攻撃の部分。「同じ戦い方しかできないと相手にも研究されてしまう。相手の出方を見ながら変化させる必要がある」と砂森和也(写真)は、シーズン中盤の調子を落とし始めた段階で、その必要性を感じていた。

このようにもともと彼を取材している時に、サッカーについて頭でよく考えてプレーしている選手だと感じることが多かった。それは試合中のプレーはもちろん、コミュニケーションの中からも感じ取ることが多かった。

とある試合後の取材のタイミングで、何かキッカケはあったのか尋ねてみた。すると「J2時代(讃岐在籍時)に相手のレベルが上がったことで、今までドリブルで突破できていたところが突破できなくなった。特に自分は、身長も低いし、身体能力も高くない。その中で身体能力が高い相手に対して勝つためにはどうすればいいか?そういう気持ちを植えつけてくれたのが讃岐だった」と古巣での苦い経験があったことを話してくれた。続けて、「そういう駆け引きを覚えていくことの大切さを学んだ。それを考えることがサッカーの面白さだと思っている」と自分の弱点に真摯に向き合ったからこそ芽生えた考え方だとわかった。

今季はここまで12アシストでチームトップの数字を残している。確かに沼津でセットプレーを任されるほどの左足から放たれるキックは、精度が高い。もちろんその部分も砂森の魅力の1つである。しかしそれだけではない。その見事な数字には確固たる裏付けがある。「クロスを上げる時も相手の足に当てないためには、どこにボールを置けば良いか。そういう部分は常に意識しているし、前回対戦した時の癖などは覚えていますね。次に対戦した時にそれが直っているかとかは確認しながらプレーしています」。そのようなディテールまで目を向けた砂森だからこそ積み上げられた12アシスト。彼にとっても大きな飛躍を遂げた1年になった。

文:森亮太(沼津担当)


明治安田生命J3リーグ 第34節
12月2日(日)13:00KO 愛鷹
アスルクラロ沼津 vs ブラウブリッツ秋田
愛鷹広域公園多目的競技場(アスルクラロ沼津)
みんなの総合評価 (3.1)
臨場感 (3.2)
アクセス (3.0)
イベント充実 (3.2)
グルメ (3.4)
アウェイお楽しみ (3.1)

移籍情報