【2019シーズン始動!】岡山:2019新加入会見での出席者コメント(1)

2019年1月13日(日)


1月12日(土)、岡山の2019新加入会見が行われました。コメントは以下のとおりです。

各種特典が付いたお得なパス!2019年シーズンパス発売中!

----------

鈴木徳彦代表取締役GM
「皆様、こんにちは。代表取締役の鈴木徳彦です。

今年、監督が新たになりました。監督を選任するポイントは、クラブによっても、そのシーズンによって違うと思いますが、今シーズンで言うと実績の高い人、外国人などありますが、これまでファジアーノ岡山が歩んで来た道のりを理解して、その上に新しい風を吹かせてくれる方にしようということで、有馬さんにお願いした次第です。

去年、代表に就任した時、このクラブは良いクラブだと感じる、という話をさせていただきました。チームが強いとか弱いとか、経営規模の大小ではなくて、クラブに集う皆それぞれが自分の目標や夢を持っていて、チャレンジすること、目標の達成につながって行くこと、そういう図が描けている事。それから、地域に支えられていること。そういうことから、良いクラブだというお話をさせていただきました。

創設に関わった皆さまが、この地において、どういうことをやり続ければ良いのか、と考えて、その路線でずっと歩んで来ているのだと思います。それを大切にした上で、新監督の新しい目や切り口を期待しています。おそらくファジアーノ岡山が追求してきた、フットボールで言うと、走る事やトランジッション、切り替えやコミュニケーションなど、サッカーの本質と新監督が考えていることは大きな差はなく、新たな吉口から落とし込みをしてくれると考えています。

コーチは、眞中コーチと吉田コーチが新たに参加してくれています。ご存知の方がいるかと思いますが、眞中コーチは5年前まで岡山で、まだ政田のクラブハウスも出来ておらず、練習場を転々としているような苦しい時から、それでも前に向かって、上を目指して導を続けてくれたコーチだと理解しています。そういった時のマインドをやはり忘れては行けない、またそういったことを伝えて行きたいと考えています。

吉田コーチはレイソルをはじめ、プロクラブで選手としての経験があり、指導者になってからも育成年代を経験していますし、プロチームもいくつも経験しているので、その経験をうちのクラブにもたらしてくれたらと思っています。

8人の新加入選手がいます。大切なのは、新加入選手だけでなく、スタート32名の選手を考えていますが、全員が日常、厳しい環境でスタートできるかだと思っています。その中で新加入選手が戦いに加わり、チームの総合力を高めてくれると思っています。

また今年、リーグの制度として外国人枠に変化があった中で、これまでより多く外国人選手を獲得し、チームの上昇気流をつくってもらえればと思っております。

以上です。どうぞよろしくお願いいたします」 


有馬賢二監督
「はじめまして。監督をさせていただきます、有馬賢二です。私自身、このファジアーノ岡山というクラブで監督をさせていただくにあたって、本当に重みを感じていますし、今まで多くの方が積み上げてきたクラブを、今の地域に根付いたクラブを大事にしながら、こういう人たちの熱があるからこそ、このクラブがあるということを大事にして戦って行きたいと思っています。

まずは『子どもたちに夢を』という理念が、僕も育成に携わってきている中で、一致する考えとしてあります。地域の子どもたちが憧れ、『ファジアーノの選手になりたい』と思えるような選手たちと一緒に戦って行くこと。そういう選手であることを僕も求めて行きますし、そういう中で僕も覚悟して受けさせていただきました。

クラブのスタッフは当然そうですが、ファン、サポーターの方、ボランティアの方、株主の方、スポンサーの方、報道の方を含め、行政の方も、いろんな方のさらなる力を今後得て、子どもたちの夢となれるよう選手たちをまとめていきたいと思います。そのためには我々がJ1昇格という目標を持ちながら、全力で戦っていきたいと考えています。山もあると思います、谷もあると思います。ここにいる新しい選手たちが力を貸してくれます。今までの選手を含め、一丸となって戦って行きますので、よろしくお願いいたします」

眞中幹夫コーチ
「今年からトップチームのコーチに就任しました眞中幹夫です。5年ぶりに岡山に戻ることになり、たいへん光栄に思っております。5年前、岡山の皆さんと、このファジアーノ岡山を一つ一つ作り上げてきた一人として、本当にたくさんの人に多くを学ばせてもらい、経験させてもらいました。それが今、大きく成長することにつながっています。培ったこれまでの経験をファジアーノ岡山、岡山の皆様にしっかりと恩返しできればと思っております。岡山のこれからの成長と発展のために、全力で戦って行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします」 

吉田宗弘(もとひろ)コーチ
「今年からGKコーチに就任しました吉田宗弘です。主にGKを担当いたしますので、少しでもGKが成長できた、上手くなった、という関わり方、指導が出来ればと思っております。その中でチームの目標であるJ1昇格という目標に向けたサポート、手助けが出来たらと思っています。よろしくお願いいたします」

【質疑応答】

Q:有馬監督に伺います。ファジアーノ岡山でどんなサッカーを目指すか、目指す上でフォーメーション、システムなどが決まっていれば聞かせてください。また勝点などをどれ位に定められているか、答えられる範囲で教えてください。

●有馬賢二監督
「ご質問ありがとうございます。まずどのようなサッカーか、ということで、少し抽象的になるかもしれませんが、攻守にわたって全員が関わりながら、試合の流れはありますが、能動的にボールを奪いに行く中で、ゴールを目指す。常に休むことなく全員がボールに関わる、アグレッシブなサッカーをしたいと思っています。

システムに関しては、もともとファジアーノ岡山は3-4-3、もしくはそのアレンジを続けて来たということは財産だと思っています。それ以外でボールを奪いに行くことを考えた時に、4枚のディフェンスも考えていますし、トライしたいと思っています。

勝点はシーズンで変わってくる部分がありますが、例年を考えると70を越えなければ難しいかと。シーズンを見ながら、中間、中間で考えていきたいと思います」

Q:今シーズンは監督を含めて変わった新体制。地域のサポーターの方々へのメッセージをお願いします。

●有馬賢二監督
「ご質問ありがとうございます。先ほどお話にあったように、どの方に聞いても、ファジアーノ岡山は草原のようなところから始まり、皆さんが種を撒いて、水をあげて、というふうに、いろんな方々が関わって今、このようなJ1を狙えるクラブになったと聞いています。皆さんの熱を肌で感じながら、大切にしながら、噛み締めながら感謝を持って戦って行きたいと思っていますし、その先に行くためには、今まで以上に、僕なんかはピッチの外でも戦わなければならないと思っています。皆さまの声援があればこそ、パワーを発揮できると思いますので、引き続きご支援をお願いします」

新加入選手会見での出席者コメント(2)はこちら!



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで岡山のホームスタジアム「シティライトスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!

シティライトスタジアム(ファジアーノ岡山)

移籍情報