【2019シーズン始動!】仙台:2019シーズン 新加入選手会見・新ユニフォーム発表会見での出席者コメント(2)

2019年1月12日(土)


1月12日(土)、ベガルタ仙台の2019シーズン 新加入選手会見・新ユニフォーム発表会見が行われました。会見での出席者のコメントは以下のとおりです。

一次販売は1/14締め切り!SOCIO・FANCLUB
----------

新加入選手会見・新ユニフォーム発表会見での出席者コメント(1)はこちら!


【質疑応答】 

Q:仙台に加入した理由は?

シマオ マテ選手
「まず、オファーをいただいたときに、ベガルタ仙台というクラブがどういうクラブなのか調べまして、調べたところ、素晴らしいクラブだということを知りまして、違う国でプレーする挑戦ということも考え、ベガルタ仙台に来ることを決めました」

兵藤選手
「オファーをいただいたときに、昨シーズンになかなか試合に出られなかったので、そういう悔しい思いを全部ぶつけてほしいというオファーをいただいて、まだまだ自分も、33歳でまだできると思っているので、それをぶつけたいと思いましたし、いつも一体感のある応援をしているスタジアムで、今度は応援される側になりたいという思いがあり、今回の移籍を決めました」

飯尾選手
「昨シーズン、長崎と仙台の試合をさせていただいたときに、対戦相手としてすごく興味を引かれていましたし、あのスタジアムでホームとしてできる喜びというものは選手として大きなものなのかなと思って、仙台というクラブに興味があり、しっかりそのスタジアムで自分を表現できるようにがんばっていきたいと思います」

石原崇選手
「チャレンジしたいという気持ちが素直にありましたし、自分自身成長したいという思いがあって、少しでも上のチームでプレーしたいという気持ちが強かったので、移籍を決めました」

松下選手
「神戸でそこまで試合に出られていない中で、2年続けて声をかけてもらったことはすごく大きかったですし、ベガルタ仙台が目指しているサッカーにすごく魅力を感じたので、決断させていただきました」

道渕選手
「僕にとってユアスタでプレーすることは幼い頃からの夢でしたし、育ててもらったクラブに対して恩返しがしたいという気持ちで移籍を決断しました」

照山選手
「自分の高校の試合にも何回か見に来ていただき、その際に練習参加のオファーをいただいたのと、自分の幼い頃からの夢であるサッカー選手になりたいという思いが重なって、オファーをいただいたので、練習参加をした際も、自分はベガルタ仙台が目指しているサッカーに魅力を感じたので、加入することになりました」

田中選手
「自分が夏に練習参加した際に、ユアスタでの試合を見て、あのスタジアムの雰囲気と、サポーターの声援が響いて、自分もそのピッチで活躍したいなという思いが強くなったので決めました」

Q:「こういうプレーを見てほしい」というアピールポイントは?

松下選手
「自分の特徴は、縦パスを入れることであったりスルーパスだったりというところだと思うので、そういう部分を出していけたらと思います」

道渕選手
「サイドでの上下動、走る部分、あとはミドルシュートを見ていただきたいです」

照山選手
「自分自身、ロングフィードと空中戦には自信があって、ベガルタ仙台にも自分のセンターバックとしての足下の技術とロングフィードを評価してもらえたので、そこを見てもらいたいです」

田中選手
「攻撃の起点になるスルーパスや、得点に絡むプレーを見てほしいです」

 ●飯尾選手
「チームのために戦う姿勢は勿論ですし、クロスの部分も自信があるので見てほしいともいます」

石原崇選手
「スピードやドリブルに自信があって、あとはチャンスメイクにも自信があります。応援してもらえたら嬉しいです」

シマオ マテ選手
「まず、球際での強さを見てほしいです。その中で、汚いプレーなどはせずに、ただ強い守備をしたいので見てください。自分の最大限のパワーを、毎試合出し切るという気持ちでやるので、ぜひ応援してください」

兵藤選手
「たくさんボールに関与してチームのリズムを良くしていくのが自分の良さだと思っているので、そのプレーを見ていただきたいと思います。一つひとつのプレーに気持ちを込めて戦いたいと思います。よろしくお願いします」

Q:個人としての目標を立て、どのようなシーズンにしていきたいですか?

石原崇選手
「一年を通して自分が成長できればと思っていますし、チームの目標であるタイトル獲得にひとつでも貢献できるように、がんばっていきたいと思います」

飯尾選手
「チームの勝利のため、ピッチの上で貢献できるようにぜひがんばっていきたいと思います」

兵藤選手
「全試合に絡んでいけるようにやりたいと思いますし、チームと一緒に成長できたらな、と思っています」

シマオ マテ選手
「目標としましては、まずはチームが良い成績で終われることが自分の目標でもあります。それによってたくさんのサポーターの方々に喜びを与えるのが自分の目標です」

松下選手
「シーズンを通して試合に出続けられるように個人としてはがんばりたいと思いますし、チームとして昨年以上の成績を残せるように、タイトルを取れるようにがんばりたいと思います」

道渕選手
「昨年の天皇杯決勝を見ていて、僕自身もとても悔しさを感じたので、今年にタイトル奪取という目標がある中で、その目標に対して最大限自分が貢献できるように、常に努力し続けられるシーズンにしたいと思っています」

照山選手
「自分はこのシーズンが初めてのシーズンであり、少しでも早くこの環境に慣れて、チームとしてタイトルが目標にあるので、それに少しでも貢献して、自分も早くJ1デビューをしたいと思っています。よろしくお願いします」

田中選手
「まず、試合に少しでも多く出ることが目標で、そのチャンスをしっかりものにできるようにがんばっていきたいと思います」

Q: 道渕選手にうかがいます。高校生時代(※注:仙台ユース所属時)以来となるベガルタ仙台のユニフォームに袖を通す気持ちはどのようなものでしょうか?

道渕選手
「大学時代も練習着を使わせていただいていたのですけれども、やはり中学生から着てきたウェアなので非常に愛着がありますし、ウェアだけじゃなくて土地や人、本当にこのクラブに選手として戻ってこられて嬉しいですし、貢献しなければいけないという強い責任感を持って取り組んでいます」

Q:サッカー選手としてプレーする上で、最も大切にしていることはどのようなものでしょうか?

松下選手
「去年はあまり試合に出られなくて悔しい思いをしていたのですが、そんな中で努力をし続ける、試合に出られなくても腐らずやり続けて、継続することが非常に大事なことだと感じた一年だったので、その継続する力を今は大事にしています」

道渕選手
「僕も松下選手と被るのですが、どんな立ち位置、どんな立場にいても、トレーニングをしっかりする、自分の課題と向き合うということは、大事にしてきました」

照山選手
「自分はまず、“凡事徹底”という言葉が好きで、高校時代から言われ続けてきたのですが、当たり前のことをしっかりやるということで、自分は高校からプロサッカー選手になって立場が変わるのですが、当たり前のことをしっかりやるというところで、挨拶だったり、準備のところだったり、一年目からその凡事徹底ということを意識して、しっかりやるような選手になりたいと思います」

田中選手
「僕は、チームのために走ったり、チームのために戦ったりということは大切にしたいと思いますし、試合に出るチャンスがなくても、努力を継続していけばいいと思っています」

石原崇選手
「いろいろ大事なことはあると思いますけれども、僕自身昨シーズンは一回もけがをせずシーズンを終えられたので、やはりけがをしないということが非常に大事だと感じているので、その部分がいちばん大事かなと思いました」

飯尾選手
「一つひとつのプレーに魂を込めてやりたいと思いますし、やはりチームのための犠牲心というものを欠かすことなく意識してやっていきたいと思います」

シマオ マテ選手
「まず、毎日努力をすること、諦めずにやること、そして毎日、もっと良くしていくことを心がけています」

兵藤選手
「僕が大事にしているのは、常に向上心を持つということで、昨日よりも少しでもうまくなりたいという気持ちを毎日持ってプレーするということと、人間なので一日一日気分にムラがあると思いますけれども、ピッチに立つときはそのムラをなくすように、いつも同じ状態で練習できるように心がけています」

Q:渡邉監督にうかがいます。今の選手たちの声を聞いて、どのように感じましたか?

渡邉監督
「堅い(笑)。後ろの(松下)佳貴とミチ(道渕)がぼけると言っていたのですけれども、今のところ二回ぼけたのはシマオ(マテ)ですからね。
 
今回、選手を獲得するにあたって、強化部といろいろ話をしていた中で、勿論チームのスタイルに合致するというものを念頭に置いていましたけれども、いちばん大事にしていたのは人間性です。チームのためにどれくらいがんばれるか、チームの勝利のためにどれくらい自分を時には犠牲にして、身を粉にして戦えるのかということをいちばん大事に選手をセレクトしてきたつもりです。おそらく彼らの、人間性の素晴らしさと真面目さが、今日のこの舞台で現れていると思うので、ちょっとぼけが少ないことは皆さん許してください。それくらい素晴らしい人間性を持った選手たちが集まってくれたなと、今日はあらためて感じています。非常に頼もしく感じます」

Q:(※サポーターの方からの質問)去年の試合から、どういうところを改善していきたいと思いますか?

渡邉監督
「たぶん、ここにいる選手がその改善点を言うのはすごく難しいと思うので、代わりに私が答えます。
 
勝ちきることが、やはり去年は足りなかったと思います。得点を取る、失点をしない、特に失点をしないという部分では、昨年は非常に失点が多かったので、その部分はしっかり改善しなければいけないと思っています。

どのように、ということをお話しすると、既に浦和の分析の人がこの中にいると思うので、キャンプでしっかりと、どのように、ということを改善して、手堅い守備を取り戻したいと思います」



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで仙台のホームスタジアム「ユアテックスタジアム仙台」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
ユアテックスタジアム仙台(ベガルタ仙台)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

移籍情報