【2019シーズン始動!】栃木:2019シーズン新加入選手・スタッフ記者会見での出席者コメント(2)

2019年1月13日(日)


1月12日(土)、栃木の2019シーズン新加入選手・スタッフ記者会見が行われました。コメントは以下のとおりです。

2019シーズンパスポートのお申し込みはこちら!
----------

新加入選手・スタッフ記者会見でのコメント(1)はこちら!


岩間雄大選手
「こんばんは。松本山雅FCから加入した岩間です。自分が持っているもの、学んできたことをチームのために100%出したいと思っていますし、多くの試合に勝って皆さんと喜び合い、栃木SCを盛り上げたいと思います」


平岡翼選手
「こんばんは。FC東京から移籍してきた平岡です。自分の持ち味はスピードなのでぜひグリーンスタジアムに僕の走りを見に来てください。1年間応援をよろしくお願い致します」


黒﨑隼人選手
「こんばんは。法政大学から来た黒﨑です。ポジションはDFです。持ち味はスピードで、守備は1対1の粘り強さが自分の武器です。地元の地の栃木で早く活躍して、栃木を盛り上げたいと思います。応援よろしくお願いします」

藤原広太朗選手
「こんばんは。徳島ヴォルティスから来ました藤原広太朗です。チームのために身体を張って精一杯頑張ります。よろしくお願いします」

ユ ヒョン選手
「こんばんは。初めましてユンです。よろしくお願いします(ここまで日本語)。FCソウルから参りました。今回栃木SCに加入することは個人的に光栄に思っています。見てほしいのはKリーグでの経験、ACLでの経験、プレー面では守備範囲の広さを見てほしいです。一つでも多く勝って、皆さんと喜び合いたいと思っています。よろしくお願い致します」

伊藤竜司選手
「こんばんは。明けましておめでとうございます。VONDS市原から来ましたDFの伊藤竜司です。久しぶりにJ2という舞台でチャレンジできることに感謝しています。その感謝の気持ちをピッチ上で表現します。見た目が結構怖がられるのですが、中身は人と話すのが好きなので、見かけたらどんどん話しかけてください。よろしくお願い致します」

大島康樹選手
「こんばんは。ザスパクサツ群馬から来た大島康樹です。FWです。チームを勝たせるゴールを決められるように頑張ります。よろしくお願い致します」

森下怜哉選手
「こんばんは。セレッソ大阪から来た森下怜哉です。DFです。栃木SCのために全力で頑張るのでいっぱいスタジアムに来てください。よろしくお願い致します」

ジョナス選手
「こんばんは。ジョナスです。よろしくお願いします(ここまで日本語)。特徴は空中戦、1対1でのスピードだと思います。よろしくお願い致します」

●ヴィニシウス選手
「こんばんは。よろしくお願い致します(ここまで日本語)。FWなのでできるだけゴールを獲って、できればJ1に昇格したいです。よろしくお願い致します」

【質疑応答】

Q:田坂新監督に伺います。今季に陣容が出そろいましたが印象は。

●田坂監督
「非常に経験のある選手、特徴のある選手を揃えていただいたと思います。その中からどんなチョイスをしてチームのコンセプトに合わせるのか、選手は競走ですがそれぞれスピードがあり、対人の強さがあり、経験があり、という特徴があるので組み合わせ、コンビなのかトリオなのかカルテットなのか、色々なオプションができるのではと感じています」

Q:新里強化部長に伺います。この陣容を踏まえて今季の目標順位を教えてください。

●新里強化部長
「最初にチャレンジと伝えさせていただきました。現実的なこともありますが、ただ、我々の選手たち含めて、スタッフも含めて、何となくこの順位というのは受け入れられないと思います。自分たちの戦いを見せるというのはプレーオフ圏内にチャレンジすると。昨季も6位以内が見えた時期がありました。ここで勝点が奪えればいける、という時期がありました。何が起こるかわからないのが勝負事です。今年1年は6位以内にチャレンジすることを頑張りたいと思います」

Q:開幕までおよそ6週間。宮崎キャンプもありますが、このひと月半、選手を見る部分、フィジカル向上、戦術向上、意思統一、その部分以外で何か考えていることはありますか?

田坂監督
「今度の練習が始まる一番最初のミーティングで話すことなんですが、今言った項目で、第一に考えないといけないのはコミュニケーションですね。コミュニケーションをベースにやっていきたい。コミュニケーションとはなんだ、という話なんですが、これは言葉で言えば非常によく使うし、簡単ですが、サッカーの部分では今年は強調したいところです。たとえば、この選手がパスをしました。ただ違うところへミスをしてしまいました。その時コミュニケーションはどうだったのか、出した選手、受けた選手、そのコミュニケーションができていたか、出した選手の技術だけではなく、受ける選手のタイミングのみならずお互いのコミュニケーションはできていたのか、まずはそこをベースにして、複数の人間、11人以外にも交代選手もいますし、チームで考えれば30人近くいますので、そういう選手間のコミュニケーションは非常に大事にしたいなと。なのでこのひと月半でどの選手とどの選手のコミュニケーションが取れているのか。足りないのか。それは選手同士だけではなく、選手とスタッフのコミュニケーションもそうでしょうし、そこが非常に今季は大事にしたいです。なぜかといえば、そこがチームのパワーになるし、個の力だけでなく、選手間の力が非常に力を発揮すると思っていますので、強調したいと思います」

以上。



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで栃木のホームスタジアム「栃木県グリーンスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
栃木県グリーンスタジアム(栃木SC)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報