【2019シーズン始動!】山形:2019キックオフイベントでの出席者コメント(1)

2019年1月13日(日)


1月13日(日)、山形の2019キックオフイベントが行われました。コメントは以下のとおりです。

2019シーズンシート会員のお申し込みはこちらから!

----------

モンテディオ山形2019新加入選手公開記者会見が天童市の山形県総合運動公園アリーナで行われた。3部構成で、第1部が新加入選手記者会見、第2部が山岸範宏さんのトークショー、第3部が選手・スタッフ全員が揃ってのイベントという構成で進められ、第1部で新加入選手10名がサポーターの前で紹介された。

●高山明泰 強化部長
「みなさん、こんにちは。強化部長の高山です。2019シーズンの強化方針について、簡単にではありますがご説明させていただきたいと思います。まず、考え方として、選手個々の成長する力をチーム力の向上に換えて、そしてチームを強くしていく、高めていくという考え方のもとで、まずは考えています。その中で具体的なところとして、昨年まで培ってきたいろいろな経験の部分であり、高めてきたもの、そういったものをベースにしながら、当然、昨年までの中でいくつか課題になってきた部分もありました。そういったところを選手の補強であったり、もしくはスタッフの編成であったり、これから行うトレーニングであったり、そういったところで高めていきながらチームを強くしていく、そういう考え方のもとで編成を考えてきました。

チームの補強の中で考えた部分としては、昨年戦った中で、得点力、得点の部分が、やはりプレーオフ圏内以上のチームに比べて少し低い部分があったと、そういったところがありましたので、得点力を上げたい。それは得点を取る選手を増やすというだけではなくて、チャンスメークする選手も必要ですし、攻撃を組み立てることに長けた選手たちも必要ですし、そういったものもトータルして得点を生み出す。そういうものをより可能性を高めていくことができる、そういった編成をまず考えました。

ただ、得点の部分だけを上げたところで、守備のところをおろそかにして失点が多いチームというのは、やはり上位に食い込んでいくことはできない。当然、得点力を上げたい。ただし、守備に対する意識であったり、その守備の強度であったり、そういったものを備えていたり、その中にはやはり、チームに対して献身的にプレーできるということが大前提になっていると思うので、そういったところを重視しながら選手の編成、補強を行ってきました。

その中で、既存の選手たちも去年、シーズンの最後に主力として頑張ってもらった選手たちも多く残って山形でプレーしてもらうことを選んでもらいましたし、ここにいる選手たちにも新たに加わってもらって、いま申し上げたような部分を補ってもらう、もしくはさらにそれを強みに換えていく。そういうようなことができる選手たちに揃ってもらったと思っております。

続きまして、ここにいる新加入の選手たちそれぞれについて、簡単にご紹介したいと思います。

岡﨑(建哉)選手です。彼は中盤の位置から攻撃を組み立てる部分、あと、最終的にスルーパスでチャンスメークしていく、そういったところに長けた選手です。

続きまして、ジェフェルソン バイアーノ選手。彼は去年水戸でプレーをしていましたが、前線でタフに動けて、その中でフィジカルの強さを生かして起点になる。自ら得点にも行けるし、周囲の選手を生かすことのできる選手です。守備においても高い強度で前線からの守備をしてくれますし、あらゆる面でチームに貢献してくれると思っています。

続いて、ホドルフォ選手です。彼は日本初挑戦になりますけれども、ブラジルで左のサイドの方でプレーしています。高いスプリント能力がありまして、『お前、そこで走ってるか!』というところを走りきって高い位置まで顔を出して得点に関わるようなプレーができ、それを90分間タフに行える選手です。

続きまして、井出遥也選手です。彼は去年はガンバでしたが、3年前には千葉にもいて、我々も彼にいろいろと苦しめられた場面もありました。ペナルティーエリア付近のところでも相手を1枚2枚剥がしてフィニッシュまでもっていく、そんな能力が高くて、ペナルティーエリアの前で脅威になってくれる選手だと思っています。

続きまして、大槻周平選手。前線でのフィジカルの強さを活かして前に推進力があり、守備においても90分間タフに戦って、相手のビルドアップする能力を破壊していったり、そういうことをしたうえで、攻撃のところでも貢献してもらえる選手です。

続きまして、 髙橋壱晟選手。彼はセントラルポジションのところで攻撃を組み立てるところであったり、チャンスメークをする部分、その高い技術を発揮してやっていける選手です。年齢的にもまだまだ伸びしろがある選手で、さらなる成長とともにチームの攻撃力を高めていってくれる選手だと思っています。

続きまして、末吉塁選手です。彼は大学からの新卒選手での加入になります。持ち味はスピードと突破力です。私もゲームを見ていた中で、相手の対峙する選手が、その速さをわかっているし、止めたいと思っていてもそれをぶち抜いていくような、そんなプレーが魅力だと思って獲得をしました。ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

続きまして、坂元達裕選手です。彼は攻撃的なポジションであれば、中盤であったり、フォワードであったり、トップ下であったり、あらゆるところをハイレベルでこなせる選手です。戦術的な柔軟性も高くて、技術も高く、いろいろなところでアクセントになる選手だと思っています。プロの中で学ぶ部分もまだまだあるかもしれませんが、そういったところさえ吸収していければ、その力を十分発揮してもらえる選手だと思っています。ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

続きまして、佐藤昭大選手です。ゴールキーパーというポジションはチームを後ろから支える重要なところです。その中において、安定したシュートストップであったり、チームを鼓舞するコーチング、加えて、ここまで培ってきた部分で、比較的若い我々のゴールキーパー陣の中でもその経験を落とし込んでいただきたいし、その中で高いレベルの競争をしてもらいたいと思っています。

続きまして、ユースから昇格した大友竜輔選手です。彼は見てのとおり身長の部分、あと手足の長さ、加えて身体能力が高くスピードがある選手なので、守備範囲がとても広い選手です。まだまだいろいろ身につける部分はあるかもしれませんが、まだ伸びしろ十分の、将来性豊かな選手だと思っています。早くプロの世界に慣れ、そこから山形の中で重要な選手になってもらいたいと思っています。


木山隆之 監督
「みなさん、あけましておめでとうございます。まずは、新加入の選手の話をする前に、昨年、最後本当に悔しい思いをしました。リーグ戦は12位と振るいませんでした。その中で天皇杯はベスト4まで進出しました。その中で、最後に仙台のスタジアムでプレーをして、試合に敗れたあとに、チームも、私自身も、ファンのみなさんもそうだと思います。やっぱりこの舞台でプレーがしたい。この舞台にチームを戻したい。そういう思いを本当に強く抱いて、2018シーズン終わりました。年があけてから、もう「3」「3」「3」「3」という数字が僕の頭の中にずーっと渦巻いていまして、木山隆之、3年目だと。雪の上にも3年。大阪生まれの僕にとって、帰省して大阪に帰って、こっちに帰ってくると、雪を見て、なんかもう雪を見るとホッとするようになってきたので、いよいよ力を発揮できるんじゃないかなと思っています。まずはこれまで、山形のチームの発展に貢献してこられたたくさんの方、あとは昨年まで長い間を含めて選手をやってこられた方に、監督として本当に敬意を表して、感謝を申し上げたいと思います。それと同時に、今日ここに、僕の後ろにいますけれども、新しいチームにモンテディオを選んできてくれた選手に、本当に感謝したいと思います。ありがとう。

当然、シーズンをまたぐと、若干ですけど選手の入れ替わりがあります。今年はひょっとしたら、例年に比べると少なかったかもしれないです。ただそれでも、ある程度の移動がありました。その中で、クラブのほうに、高山強化部長のほうに、社長のほうに、私自身がお願いした唯一のことは、山形を愛して、このチームでプレーしたいと強く願っている選手を獲得してほしいと。その選手たちと、いま山形を選んでずっとプレーしてくれている選手たちを合わせて、本当に3年目、勝負がしたい。そのための選手を獲得してほしいということをお願いしました。本当に、意志を持った、バラエティーに富んだ選手が来てくれた、その選手を獲得してくれたと本当に感謝しています。あとはもう新しいスタッフも加えて、今日もみなさんにお見せすることができなかったのが残念なぐらい、本当にいい練習をして、おそらく、ものすごいキャンプになると思うんですけれども、そこで選手たちをしっかり鍛えて、チームで我々がめざすサッカーをみなさんの前で表現できるように全力で頑張りたいと思います。何かチームが大きく動き出しそうな、そういう予感がしてならない今年なので、ぜひみなさんちからもお借りしながら、全員でJ1に戻れるように全力で頑張っていきましょう。今年1年、よろしくお願いします」

岡﨑建哉 選手
「こんにちは。栃木SCから加入しました、岡﨑建哉です。山形のJ1昇格のために、自分の持っているすべての力を出しきって頑張るので、応援よろしくお願いします」


ジェフェルソン バイアーノ 選手
「こんにちは。はじめまして。ジェフェルソン バイアーノです。よろしくお願いします(ここまで日本語)。モンテディオのユニフォームを着ることができて、とてもうれしいです。今年はチームが目標としているすべてのタイトルを獲得できるように、また、J1に昇格できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」

ホドルフォ 選手
「こんにちは。みなさん、はじめまして。ホドルフォ チットです。あだ名はチットと呼んでほしいです。今年、山形がJ1に昇格できるように、練習から貢献できるように全力で頑張りますので、今年1年間、応援よろしくお願いします」

井出遥也 選手
「こんにちは。まず、山形に加入でき、とてもうれしく思っています。チームのJ1昇格に向けて、自分が最大限努力して貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」


大槻周平 選手
「こんにちは。ヴィッセル神戸から加入した大槻周平です。J1昇格するためにやってきました。モンテディオ山形に関わるすべてのみなさんと一丸となってJ1昇格しましょう。よろしくお願いします」

髙橋壱晟 選手
「こんにちは。ジェフ千葉から加入しました、髙橋壱晟です。チームために全力でプレーしたいと思います。応援よろしくお願いします」

末吉塁 選手
「こんにちは。大阪体育大学から来ました、末吉塁と申します。自分の持ち味としては、目の前の相手には絶対に負けないという強い気持ちだと思っています。山形の勝利に少しでも貢献できるよう、頑張っていきたいと思うので、応援よろしくお願いします」

坂元達裕 選手
「こんにちは。東洋大学から加入しました、坂元達裕です。去年、アウェイでの試合を何試合か見させていただいたんですけど、アウェィの中でも全力で応援しているサポーターのみなさんに心を打たれました。自分も早く、あの舞台、あの中でプレーできるように頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

佐藤昭大 選手
「ロアッソ熊本からきました、ゴールキーパーの佐藤昭大です。まず、改めて3年間お世話になったロアッソ熊本と、僕の力を必要としてくれたモンテディオ山形に感謝します。ありがとうございます。僕の持ってる力をすべて出しきって、ピッチの中で勝利のために必要なことを全力で示していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします」

大友竜輔 選手
「こんにちは。ユースから昇格しました、ゴールキーパーの大友竜輔と言います。チームの目標に貢献できるように、一生懸命頑張っていきます。よろしくお願いします」

2019キックオフイベントでのコメント(2)はこちら!



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで山形のホームスタジアム「NDソフトスタジアム山形」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
NDソフトスタジアム山形(モンテディオ山形)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報