【2019シーズン始動!】秋田:2019シーズン新体制発表記者会見での出席者コメント(1)

2019年1月13日(日)


1月13日(日)、秋田の2019シーズン新体制発表記者会見が行われました。コメントは以下のとおりです。

2019シーズンパス・ファンクラブの詳細はこちら!

----------

●岩瀬浩介代表
「みなさんこんにちは。まずはブラウブリッツ秋田新体制発表記者会見に、このように多くのファン・サポーターの方々、ならびにメディアの皆さまにお集まりいただき、誠にありがとうございます。

またイオンモール秋田様に、こちらの会場を使わせていただくことに多大なるご協力をいただいておりますことを、この場を借りてお礼申し上げます。

そして今シーズンも、こうして無事にこの瞬間を迎えられたことに対し、株主ならびにスポンサーの皆さまをはじめ、本日お集まりのファン・サポーターの方々に対し、あらためて感謝を申し上げたいというふうに思います。

昨シーズンを振り返りますと、私たちにとっても、県民の皆さまにとっても非常に悔しいシーズンとなりました。いま私自身が『県民の皆さまにとっても』と話しましたが、昨年、各所でこれまで以上に皆さまから『今季は残念だったね』『このあいだは残念だったね』とお声がけをいただく機会が本当に多くなりました。これはわれわれクラブがJ2ライセンスを取得でき、いよいよJ3からJ2昇格ができるという県民の皆さまの期待の現れではないかと感じております。

いま申し上げたように、クラブとして初めてJ2昇格に必要なJ2クラブライセンスを取得することができました。このJ2ライセンス取得はわれわれにとっても、秋田にとっても非常に価値のあることだと思っています。

昨年、金足農業高校野球部の活躍に引き続き、年明け早々に秋田商業高校サッカー部が躍進を見せてくれました。また雄物川高校バレーボール部もベスト8入りをして県内を非常に盛り上げてくれました。

ここで皆さまにぜひ想像していただきたいですけれども、たとえばプロ野球の球団が秋田にあったと仮定し、金足農業高校の吉田輝星投手が秋田の球団に入団が決まったとすれば、これからの皆さまの楽しみ、応援のやりがいももっともっと違うもので増えるものではないかと思っています。

いわゆるJリーグクラブやプロスポーツクラブの存在は秋田の子どもたちが、秋田で自分の夢を叶えられることになると思います。

いま秋田県は人口減少、若者離れ、様々な社会問題が山積する秋田ではありますが、J2ライセンスの取得はそうした課題(解決)にも希望を見いだせるものだと思っております。

続いてこの場で毎年、メディアの皆さまから目指すサッカーのスタイルはという質問を受けておりますが、クラブが目指すサッカーのスタイル、軸にはなにも変わりはありません。ただ、いままでは『アグレッシブで、観ている人がわくわくするような、躍動感あふれるサッカー』と少し抽象的なものではありましたが、それを今季から、皆さまにもしっかりとわかりやすく言葉で表現したいと思っています。

われわれは『すべては秋田のために』を大前提に活動しております。秋田で活動する以上、私たちは秋田の文化と歴史を重んじるとともに、県民の皆さまと一緒になって戦って参りたいと思っております。それを『秋田スタイル』と表現します。

『秋田スタイル』とは、まず1つ目に秋田の勤勉さ。これを我々はピッチでフェアプレーの精神と誠実さをもって戦いたいと思っています。子どもたちに夢を与えるプロスポーツ選手として、ピッチ内外におけるフェアプレーの精神と誠実さをモットーに取り組むことを約束いたします。

2つ目に、冬の寒さを耐えしのぐ忍耐。それを粘り強く強固な守備としてピッチ上で表現したいと思います。12月から3月までの長い期間、降りしきる雪や暴風雪で非常に寒さが厳しいです。それを耐えしのぐ我慢強さを思い浮かべるように、攻め込まれる時間帯もしっかりと耐えしのぐ粘り強い守備を見せたいというふうに思います。

3つ目に、夏の秋田の風物詩、魅力的な祭りが県内各地で躍動する秋田。それをわれわれはピッチ上で(表現し)、縦横無尽で多彩な攻撃で、(スタジアムに)来ていただいたお客さまを魅了していきたいと思っています。まるで冬の我慢を爆発させるかのごとく、県内各地ではお祭りがたくさん開催され盛り上がっているかのように、ブラウブリッツ秋田のサッカーは多彩な攻撃を仕掛け、観ている人たちがわくわくするような、躍動感あふれるサッカーを展開し、90分通して走り続けます。


そして最後に、消極的・引っ込み思案と言われる県民性。いや、そうではない。挑戦し続ける姿をわれわれは県民の皆さまとともに、ピッチ上で表現したいと思っています。果敢にゴールを目指し、前へ前へチャレンジし続けるアグレッシブな姿をピッチ上で表現します。

この『秋田スタイル』をベースに戦い、皆さまにはわれわれの試合を観て、笑顔になり、幸せを感じていただくことができればと思っております。

これは昨年も申し上げましたが、そのためにもここにいる選手、フロントのスタッフも含めて、毎日毎日喜びを感じて充実した日々を過ごすことが非常に重要だと思っています。そうしたなかで、選手たちの幸せが集結したときこそ、このチームの幸せ、要は結果の部分につながってくるのではないかと思っています。そしてチームの幸せが、何よりもここにいるファン・サポーター・来場者・テレビを観ている方々・応援していただいている方々の幸せにつながり、それが広がることで、われわれの最大目標である『秋田の笑顔と元気の創出』につながると思っております。

続いて、クラブの今シーズンの目標についてご説明いたします。ずばり目標はひとつ、J2昇格です。昨シーズン編成を行った際は、2018シーズンはJ2ライセンスが取れるという形で編成を行いました。その当時感じておりましたが、僕らがライセンスを持っていれば怖いものなしというまでではないものの、もっともっと良い選手が獲得できるのではないかなと感じておりました。今シーズンの編成はおかげさまで、ライセンスをもった状態でできております。すべての準備が整ったなかで、われわれの至上命題はJ2昇格、これに尽きます。

その昇格に欠かせないのは、紛れもなく戦力です。今回編成する上で、昨シーズンの得点力不足の課題解決を一番に考えました。チーム力を上げるために大切な技術、鍛錬、フィジカル、インテリジェンスの高さ、飛び抜けた特長、また選手としての向上心、そういったものをいままでの選手以上に兼ね備えた選手たちがきょうここにおります。

またシーズンスタートで毎年23人、24人でスタートしておりましたが、昨シーズン終盤は特に怪我人が増え、選手層の薄さが悔しい結果につながった部分は否めないと感じております。そうしたなかで、今シーズンはのべ27人の選手でスタートいたします。そうすることでチーム内の競争力が高まると思っておりますし、さらには現場スタッフも1人増やし、より勝利の確率を高められる体制を取っております。

最後に強化部としてこの編成をする上で、新たなポリシーを加えたのも事実でございます。それは契約更新した選手も含めてです。どういうものかといいますと、今季に懸ける思いや覚悟、決意といったものをもった選手たちを集めました。たとえば更新した選手のなかにはこれまで長きにわたってブラウブリッツ秋田に在籍し、成長した選手が多くいます。そうした選手たちは実際にはJ2のカテゴリを経験していません。年齢的にも、J2に挑戦する最後のシーズンと思って臨んでくれる選手だと思っています。

そして今回招集した選手のなかには、ビッグクラブのアカデミーで(育ち)トップ(チーム)に昇格を果たした選手も多くいます。しかしながらJ2で戦えるような選手にまでは至らず、厳しい表現になりますがJ1のプレーヤーでは難しいと判断された選手もいます。こうした選手は今シーズン、自分が活躍することで今後の自身のサッカー人生が大きく飛躍するという決意と覚悟をもっています。昨シーズンはJ1のカテゴリで活動していた選手、またはJ2で優勝しJ1への昇格を果たしたクラブに在籍した選手もいます。しかしながらそのままクラブに在籍することができず、悔しい思いをしながらも、厳しい覚悟をもってブラウブリッツ秋田に来てくれた選手もおります。そうした各々が強い覚悟と決意のもとで秋田に来てくれております。

皆さまからすると15人の新加入選手が加わり、1年で結果を出すことができるのかと心配される方も多くいらっしゃると思いますが、いま申し上げたとおり、今季に懸ける選手らの『絶対に結果を出さなければいけない』という思いがあれば、『(チームとして)1つになろう』『早く結果を出すために戦術を理解しなければいけない』という意識が強く強く高まると思っています。

私の経験からしても、そうしたものが多ければ多いほど良いチームに仕上がると思っておりますし、必ず結果が出せると強く思っています。

選手たちの特長については、このあとの質疑応答や自己紹介などでご紹介したいと思います。また、練習取材などで広めていただければと思います。

最後にわれわれは今シーズン、J2に昇格するシーズンと位置づけ監督はじめスタッフ、選手、フロントスタッフ、アカデミーのスタッフ、またアカデミーの子どもたち、そしてご支援ご協力いただいているスポンサー、何よりも応援いただいているファン・サポーター、県民の皆さまとともに、一緒になってJ2昇格を成し遂げたいと思っています。

2019シーズンも熱い応援を、ぜひよろしくお願いいたします」


間瀬秀一監督
「みなさん、こんにちは!

J2昇格をシーズンスタートから目指すブラウブリッツ秋田。この大切なシーズンの指揮を任せていただいたことに対しまず光栄に感じ、そして感謝をしています。

いまそのなかで大きな喜びとともに、いままでにない責任感とモチベーションを感じています。昨年のシーズンが終わり、引き続き2019年のシーズンの指揮を任せていただいた瞬間から、私のなかではJ2昇格をすることからの逆算で、ありとあらゆる準備をしてきました。

まずコーチングスタッフの部分ですけど、以前同様に浜岡(寛)コーチ、太田(渉)GKコーチの2名に加え、新たにマネージャーを招聘しました。そして新たなマネージャーを招聘したことにより、いままでマネージャー兼コーチだった佐藤博志を新たな専任コーチとし、そしてさらにユース(U18)の監督だった熊林親吾を兼任でトップチームのコーチとして来てもらうことになりました。 

私自身は、一人ひとりの選手をいかに大切にするかが勝負の決め手となると思っています。この現場のスタッフが2人増えたことによって、間違いのない選手へのアプローチができると思っています。

そして間違いなくピッチ上でプレーをするのは選手たちです。今季は15人の新加入選手が加わりました。そのうち9人はJ1、J2の上のカテゴリからの選手です。そして残り6人中2人はJ3で間違いのない結果を出した選手。あとの4人は期待枠です。個の能力として、私は実績も残していない、そして大卒から加わった4人の選手にも私は大いに期待をしています。

J2を勝ち取るのは私1人の力ではかないません。実際にピッチ上でプレーする選手たち、コーチングスタッフ、フロントスタッフ、そしてさらに一番大きな力を与えてくれるのはサポーター、秋田県民の皆さんだと思っています。全員の力で、『全員力』で今シーズンJ2昇格を勝ち取りましょう。よろしくお願いします!」

2019シーズン新体制発表記者会見でのコメント(2)はこちら!



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで秋田のホームスタジアム「あきぎんスタジアム」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
あきぎんスタジアム(ブラウブリッツ秋田)

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報