【2019シーズン始動!】松本:新体制発表会での出席者コメント

2019年1月15日(火)


1月14日(月)、松本の新体制発表会が行われました。コメントは以下のとおりです。

2019シーズンパスの詳細はこちら!
----------
 


●神田文之代表取締役社長
「2019シーズン新体制発表会に、大勢の皆さまにお集まりいただきました。クラブを代表して、あらためて御礼を申し上げます。

いよいよ2019シーズンが始まります。昨季は皆さまと共にJ2優勝そしてJ1再昇格を成し遂げられました。クラブの歴史の新しい1ページとして、感慨深い1年となりました。2019シーズンはJ1で生き残ることが最大のミッションになるかと思います。まず3年、J1にしっかり残ること。そして5年から、その先でJ1のシャーレをこの街に持って帰りたいと強く思っています。

そのためにはクラブとしても様々な支援の輪を作っていく必要があると思っています。これは私たちの仕事として、様々な仕組みを今年も考えていこうと思っています。また、あらためて松本山雅FCを色々な方々に知っていただく機会になると思っています。更なる地域貢献、地域振興についてクラブから皆さんにお知らせできる何か大きなことを、この1年で成し遂げたいと思っています。

そして2019シーズンのJ1ではホームグロウン制度が導入されます。これまでもクラブとして育成組織には力を入れてきましたが、こちらの方も更に加速できるように、そして一日でも早くトップチームに育成組織出身の選手が活躍できるようなクラブを作っていきたいと思っています。皆さまには今年も全試合満員のサンプロアルウィンで、選手たちをサポートしてください。今年も共に“One Soul”で、最後の最後まで戦いましょう。

今季のスローガンは『One Soul 境界突破』です。昨季は多くの皆さまの御支援をいただき、トップチームにおいては悲願のJ2優勝そしてJ1昇格を達成し、目標の『全緑登頂』を実現することが出来ました。2019シーズンは4年ぶりのJ1挑戦です。厳しい1年間になると思いますが、4年前には越えられなかった境界を突破し、まずはJ1残留を成し遂げたいと思います。そして、その先にあるJ1定着を目指して、クラブ全体でワンランク上のステージでの成長を目指してまいります。“One Soul”の絆のもと、1年間一緒に戦ってください。ご声援をよろしくお願いいたします」


●反町康治監督
「我々は昨日から2019シーズンをスタートさせています。ここにいるフィールドプレーヤー30名、……失礼しました。もしかしたら、もう一人増えるかも知れません(笑)。もし加わったとしたら31名、ゴールキーパーが4名の総勢35名で、この1年間を戦っていきたいと思っております。

昨日からスタートして、1週間は松本でトレーニングをします。その後は、初めてですけども千葉県の東金市、そして清水、鹿児島と移動しまして、開幕を迎えます。皆さんご存知のように開幕戦はアウェイでジュビロ磐田さんと対戦することになっています。あと1ヶ月少しで開幕戦を迎えるわけですが、非常に熱い声援を開幕戦から大いに盛り上げていただき、良いスタートを切りたいと思っています。良いスタートを切りたいというのは毎年ここで言っているんですけど、あまりそうではないシーズンも多かったですが、今年こそはJ1の舞台で良いスタートを切りたいと思っております。今年も更なるご声援をよろしくお願いいたします」

●村山智彦選手会長
「明けましておめでとうございます。僕が松本に来てから、始動日から最短で新体制発表会を迎えています。正直、選手同士でギスギスしているんです(笑)。新加入選手がどういう選手かも、正直まだ分かっていません。新加入選手には是非この場で、こういう選手なんだということをアピールしていただきたいなと思っております。J1の舞台で楽ではないと思いますがチーム一丸となって戦っていきますので、今年も皆さんの熱い声援を僕たち選手に届けてください。一年間よろしくお願いします」

●塚川孝輝選手
「背番号17番、中美(慶哉)さんの後輩の塚川孝輝です。すごく今、緊張しています(苦笑)。こんな大勢の皆さんの前で話をするのは少ない機会で、話をすることも苦手なのですが、皆さんの応援をいただいて心が熱くなり、震えました。その気持ちをピッチで表現できるように松本に来たので、ピッチで表現できるようにしていくので応援よろしくお願いします」

●杉本太郎選手
「背番号20番の杉本太郎です。チームの目標に貢献できるように頑張ります、よろしくお願いします」

●米原秀亮選手
「ロアッソ熊本から来ました、背番号22番の米原秀亮です。今年、成人になりました。熊本から出たことがなくて不安なことばかりですけど、松本山雅FCで飛躍できるようにしっかり頑張ります。熊本から田舎者の二十歳を、どうぞよろしくお願いします」

●田中謙吾選手
「長野パルセイロから加入してきました、田中謙吾です。まず、この素晴らしい雰囲気を作ってくださるサポーターと共に戦えることを非常に光栄に思っています。僕は長野市に7年間住んでいて、常に松本山雅FCの躍進を見ていました。悔しい思いもしましたが、それ以上に尊敬の思いがあったのを覚えています。松本の勝利のために自分は体を張って、緑の血が流れるように頑張っていきたいと思います」

●那須川将大選手
「皆さん、はじめまして(笑)。また松本山雅の一員として戦えることを本当に嬉しく思っています。皆さんの期待に応えられるように、自分の出来ることを最大限に出し尽くして、頑張っていきたいと思います。また応援をよろしくお願いします」

●町田也真人選手
「こんにちは、千葉から加入してきました町田也真人です。このチームに加入できたことを本当に嬉しく思っています。早くアルウィンで走り回りたいですし、1分1秒でも長くピッチに立っていたいと思います。頑張ります」

●榎本樹選手
「前橋育英高校から来ました、背番号27番の榎本樹です。慶哉さんの後輩です。自分はあまり上手くないんですが、チームのために泥臭くゴールを奪いに行くので応援よろしくお願いします」

●山本龍平選手
「中学生ではありません。この会場で一番浮いている格好をしているんですが、1年目からスタメンで出られるように全力で頑張っていきます。先輩には負けないようなプレーをしていきたいと思います」

●溝渕雄志選手
「この松本山雅という素晴らしいクラブで1年間、挑戦させていただく機会をいただきました。本当に嬉しいですし、何よりもこの1年間で皆さんとたくさんの笑顔を共有できるように、常に謙虚に感謝の気持ちを持ち続け、志高く戦っていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」

●大野佑哉選手
「阪南大学から来ました大野佑哉です。皆さんの応援で鳥肌が立って、緊張していたのに更に上がっています。一日一日努力して成長して、早くサンプロアルウィンでプレーしている姿を見せたいと思っています。応援よろしくお願いします」

●高橋諒選手
「湘南から来ました、背番号42番の高橋諒です。今年は松本山雅がJ1に定着していくために大事な年だと思っています。松本の力になれるように全力でプレーしていきたいと思います。1年間、熱い応援をよろしくお願いします」

●服部康平選手
「はじめまして、服部康平です。今日の皆さんの応援を聞いて、昨季アルウィンのピッチに立った時に、自分の心がとても高揚したことを思い出しました。また皆さんの応援を後押しにして、ピッチで躍動できるように頑張ります」

●エドゥアルド選手
「こんにちは、はじめまして。私はエドゥアルドです、背番号は15番です。一緒に戦おう!」

●長島裕明コーチ
「今季からコーチをさせていただきます、長島です。僕は36年前、中学校の修学旅行で松本に来ました。松本城や旧開智学校、美ヶ原高原。本当に楽しい思い出のある、この地で皆さんと共に戦えることを大変嬉しく思っています。ぜひ一緒に戦ってください、よろしくお願いいたします」

以上。



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで松本のホームスタジアム「サンプロ アルウィン」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
サンプロアルウィン(松本山雅FC)