【2019シーズン始動!】富山:新体制・新加入選手記者会見での出席者コメント(2)

2019年1月15日(火)


1月15日(火)、富山の2019シーズン 新体制・新加入選手記者会見が行われました。コメントは以下のとおりです。

2019シーズンパスの詳細はこちら!

----------

新体制・新加入選手記者会見でのコメント(1)はこちら!

【質疑応答】

安達亮監督

Q:昨季からの「継続」と「進化」という話をされたが、「進化」をどこに求めていくのか。
「昨季の試合内容はけっして悪いものではなかった。それに結果を付けたい。見に来られた方は分かっていると思うが『惜しい』で終わってしまっている。特に攻撃では『あのシュートが決まっていれば』『あのパスが通っていれば』というところを、より精度を上げて最後に完成できればよいなと思っている。結果に結び付けるところまで、最後の仕上げを進化させたい。守備のほうでも同じ。ボールを奪いにいくかたち、ポジションのバランスなどはできているが、奪いにいって取り切れないシーンが目立つ。それをなんとか、ボールを奪って自分たちの攻撃につなげていきたい。いろんなシチュエーションごとに結果を出せるように進化させていきたい」

Q:補強のポイントは。
「全体的にです。すべてのポジションで新加入選手の獲得をフロントに要望した。昨年の戦力で不満足ではないが、さらにチーム内で競争をしてもらいたいと思う。昨年の選手がチームのベースになるのか、それとも新加入の選手たちがベースになっていくのか。それはあさって(17日)から始まるトレーンング次第。全体的に選手層とチーム内競争力を上げたかった」

Q:高橋選手は富山第一高校を卒業して以来の地元。当時の思い出、これから楽しみにしていることは。

高橋駿太選手
「高校生の時以来12年ぶりで富山でサッカーをすることになる。当時はまだ富山にプロクラブがなかった。いろんなチームで経験を積み、こうやって帰ってこられた。チームの目標であるJ2昇格に向け、自分のできることを出し切って富山を盛り上げられるように頑張っていきたい。FWなのでゴールを決めることが一番。それを見せられるように日々頑張っていきたい」


Q:榎本選手はどのようなところで自身の豊富な経験をチームに還元したいと考えているのか。

榎本哲也選手
「亮さんには高校1年から教えてもらっている。考えている具体的なサッカー像が分かるし、亮さんはぶれない人。そこに引かれたし、自分がレッズやマリノスでやってきたこと少しは生かせると思って(移籍の)決断した」

Q:自身の持ち味や今季にかける気持ちを聞かせてほしい。

野田樹選手
「ポジションはボランチなので、見てもらいたいのは長短のパスや身長を生かした守りへの貢献。今季はチームとしても個人としても結果にこだわらなければいけない1年だと思っており、中盤の選手であっても点を取ることも意識してやっていきたい」

大谷駿斗選手
「自分はスピードが持ち味なので、それを生かしてシュートを決めることにこだわってやっていきたい」

榎本哲也選手
「僕はもう35歳でもあるし、プレー的なところよりも精神的な支柱になれるようにしたい。徐々に経験を積んでそれが持ち味にもなってきたと思う。あとゲームを読む力とか。そういったところを富山で出していきたい」


高橋駿太選手
「持ち味はスピードや運動量、シュート。そこを見ていただけたらと思います。なんとしてもJ2昇格という目標を達成できるように頑張ります」

田中智大選手
「FWなので、ペナルティーエリア内で仕事ができるところをもっともっと富山で追求していきたい」

碓井鉄平選手
「ボランチなので、攻守においてアグレッシブにプレーするところを見てもらいたい」

杉山弾斗選手
「左サイドバックです。攻撃参加と左足のキックを見てほしい」

白石智之選手
「サイドでのドリブルと運動量が持ち味です。そこからアシストやゴールという数字が残るプレーをし、勝利に貢献できたらと思っています」

戸根一誓選手
「センターバックをしており、守りでの1対1やビルドアップが得意なので、そこを見てほしいです」

花井聖選手
「攻撃的なプレーが得意。パスやシュートでゴールに絡むプレーを見ていただけたらと思います」

齋藤和希選手
「ゴールキーパーをしており、得意なのはビルドアップとシュートストップ。失点ゼロにこだわってプレーしていきたい」

Q:ルーキーの3人はプロサッカー選手としてどんな目標や夢を持っているか。

大谷駿斗選手
「ゴールを量産できる選手になりたいです」

戸根一誓選手
「僕はファンやサポーターのみなさんに、勇気とか感動とか、そういう大きなものを与えられるサッカー選手になりたいです」

齋藤和希選手
「どんな人からも応援されるような選手になりたいです」

Q:クラブとして経営面、運営面での今季の取り組みを聞かせてほしい。

森野弘樹社長
「わたしどもフロントスタッフは観客動員数にこだわりをもって取り組んでいきたいと考えている。2018シーズンの後半戦はお客様が増え、最終戦でシーズン最多の来場があった。みなさんの期待の表れであったと思うし、お客様に来ていただいたことによって、(最終戦で)琉球に勝つこともできた。選手はお客様の声援を受けてさらに力がでるということをわたしも改めて実感した。チケット販売、ファンクラブの運営などいろいろ見直しを図っている。スタジアムに来ていただけるような仕掛けづくりに努め、初めて見る方を呼び込むだけでなく、久しぶりに来場された方にも面白いと感じていただける仕掛け、雰囲気づくりを目指したい」

以上。



J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビでカターレ富山のホームスタジアム「富山県総合運動公園陸上競技場」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
富山県総合運動公園陸上競技場(カターレ富山)

1万円分の旅行券が10名様に当たる!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報