【2019シーズン始動!】柏:2019新体制発表会での出席者コメント(2)

2019年1月16日(水)


1月15日(火)、柏の2019新体制発表会が行われました。コメントは以下のとおりです。

2019ファンクラブ「アソシエイツ」のお申し込みはこちら!

----------

2019新体制発表会でのコメント(1)はこちら!


●田上大地選手
「皆さん、こんばんは。V・ファーレン長崎から移籍してきました田上大地です。地元が千葉なので、プロサッカー選手として千葉に戻ってこられてとても嬉しいです」

Q:流通経済大柏高校出身なので、柏には詳しいのでは?
「いや、高校時代は全然街に出歩いていなかったので…」

Q:サポーターにはどのように呼んでもらいたいですか?
「小さい時からそんなにこれといったものがないので、シンプルに大地でお願いします」

Q:ポジションはセンターバックですがプレースタイルは?
「自分はうまいプレーヤーではないので、とにかく声を出して、コーチングはやっていきたいと思います」

Q:長崎ではJ2の経験がありますが、J2の特徴は?
「試合数も多いですし、タイトな日程になってくるので、まずはしっかり身体を作っていきたいと思います」

Q:仲の良い選手は「一応、瀬川」とありますが?
「そうですね(笑)。同い年なので、一応瀬川なんですけど、とりあえずそこを入り口に広げていこうと思います」


●染谷悠太選手
「皆さん、こんばんは。今日はお忙しい中、お越しいただきありがとうございます。皆さんの前で、こうやって喋らせていただくことができて、柏レイソルのような伝統あるクラブに加入できたことを嬉しく思います。皆さんに認めてもらえるように、ピッチで結果を出したいと思いますので、よろしくお願いします」

Q:ニックネームは?
「ソメとか、悠太と呼ばれています」

Q:京都では(現在は柏のGMの)布部陽功監督の下でプレーしていました。
「ヌノさん(布部GM)は熱い方なので、ヌノさんに誘っていただいて、心から嬉しいですし、それを結果で恩返ししなければいけないと思います」

Q:染谷選手は流通経済大学出身で、鎌田次郎選手の1学年下になります。
「そうです。次郎くんとはFC東京の下部組織からずっと一緒です。クラブハウスで会いましたが、『おう』という感じでした(笑)」

Q:J2リーグはどんなリーグですか?
「タフなリーグだと思うので、しっかりとチーム、スタッフ、サポーターと一丸となって、目の前の試合で勝点3が取れるように、頑張りたいと思います」

Q:昨年、一番すごいと思った選手は横浜FCのレアンドロ ドミンゲス選手ということですが、今シーズンは?
「抑えたいと思います」


●ガブリエル選手
「ミナサン、コンバンハ!」

Q:ニックネームは?
「ガブリエルでお願いします」

Q:日本の印象を教えてください。
「日本は素晴らしい国だと思いますし、私の知人で実際に日本でプレーをした選手が何人かいるんですが、全ての人から日本は良いところだと、良いチームがたくさんあると聞いています。これからの生活を楽しみにしています」

Q:ポジション、得意なプレーは?
「攻撃的なMFです。スピードもあるんですが、どちらかというと動きの部分で中盤をかき回していきたいです」

Q:スポルチ・レシフェではネルシーニョ監督の下でプレーをしていましたが、ネルシーニョ監督の印象は?
「ネルシーニョ監督はたくさんのタイトルを経験しています。もちろん人としても人格者で、尊敬しています。その方に声をかけていただいて、柏レイソルの一員としてこの場に居られることを非常に嬉しく思います」

Q:ご家族からはどのような声をかけてもらいましたか?
「家族からはこんな素晴らしい機会が自分の元に来たということで、素晴らしい1年にするようにと励ましの言葉をもらいました。自分自身もここに来て幸せに思いますので、素晴らしいシーズンを過ごしたいと思います」

Q:最近の悩みに「家族と離れていること」とありますが、これは最近のことですか?
「実は1歳4ヶ月の息子がいまして、ブラジルを離れる時に非常に寂しい思いをしました。まだ2日しか経っていないですけど(苦笑)」

Q:ピッチでかき回し、勝利を期待しています。
「早くチームに順応して、少しでもチームの力になれるように努力していきたいと思います。J1に昇格できるように、精一杯最大限の努力をしていきたいと思います」


●上島拓巳選手
「中央大学から来ました上島拓巳です。スクールからユースまで10年間、レイソルのアカデミーに所属していました。アカデミー出身者の責任と誇りを持って、戦っていきます。よろしくお願いします」

Q:U-18から大学4年間を経てのトップチーム加入ということで、4年間は柏レイソルのことを気にしていたのですか?
「同期の手塚(康平)、中山(雄太)、一つ上の中谷(進之介)が試合に出場していましたし、現地で試合を見ることはあまりなかったですが、テレビでは常に意識して見ていました」

Q:中山選手は海外へ挑戦することになりました。
「彼の実力からすれば良い決断だと思いますが、悔しい気持ちもあります。早く自分も彼のところまで行きたいと思います」

Q:背番号20は思い入れのある番号ですが、いかがですか?
「とても嬉しいです。ユースでも高校3年の時は(20番を)付けさせていただきましたし、また仲の良い先輩でライバルでもあるシンくん(中谷)もレイソルで20番を付けていましたし、今は名古屋でも20番を付けていますので、意識する気持ちはあります。子どもの頃は、『シンくん、シンくん』という感じだったんですけど、今は同じ土俵に立ちましたし、彼には絶対に負けないようにやっていきます。20番を背負って活躍できるように頑張ります」


●村田和哉選手
「はじめまして、清水エスパルスから加入しました。今回、このような素晴らしいクラブに声をかけていただいて、皆さんとファミリーになれたことを本当に感謝しています。自分はここに来る決断は、本当に大きなものでした。でも、布部GMと話をしていく中で、このクラブの目指すビジョン、夢、目標を聞いて、自分の心に響きました。そしてネルシーニョ監督と布部さんの関係性を聞き、ネルシーニョ監督の下でプレーしたいと心から思いました。ヘッドコーチの井原さんは、僕にとってサッカーの原点であり、プロサッカー選手を目指すと誓ったきっかけを与えてくれた選手です。その人と一緒に仕事ができるという素晴らしい喜びを今感じています。自分は応援をいただいたことを、恩で返していくことをやっていきたいと思います。この街を盛り上げますし、このチームのためにやれることは全てやっていくつもりです。だからこそ皆さんと一緒にやっていきたいと僕は思っているので、いろいろ勢いを持ってやっていくこともあると思うんですけど、温かい目で見てほしいですし、一緒にやっていくことが僕のスタイルです。目標はJ1昇格、一つだと思います。そのためにはみんなが一つにならなければ絶対に成し遂げられないと思うので、一緒に頑張りましょう」

Q:ポジションは?
「基本は右サイドです。スピードは自分の特徴でもありますし、皆さんに早く見てもらえるように頑張りたいと思います」

Q:過去に対戦した最も衝撃を受けた選手はクリスティアーノ選手とあります。その理由は「最強」。
「まず、彼が(クラブに)残るのかどうか聞きました。味方として戦えることはすごく頼もしい選手ですし、脅威を与える選手なので、彼と一緒にプレーすることを楽しみにしています」

Q:村田選手の個人的なスローガンには「人生最高」という言葉がありますが?
「自分のキャッチフレーズじゃないですけど、格言ということで『人生最高』と書いています。僕の1番の目標は、自分が関わった人にも、サッカーを通して皆さんに『人生最高』と思っていただけるように頑張っていきたいです」


●高橋峻希選手
「皆さん、こんばんは。ヴィッセル神戸から加入しました高橋峻希です。村田くんのような熱いトークはできないので、手短にいきたいと思います(笑)。僕はJ1昇格をさせに来ました。ただそれは厳しい道のりで、日々のトレーニングで協力しないと永遠に成し遂げられないものだと思います。1日でも早く皆さんに認めてもらえるように頑張りますので、よろしくお願いします」

Q:高橋選手はなんとお呼びすればいいですか?
「峻希でお願いします」

Q:浦和ユース時代は、柏U-18で同い年の工藤壮人選手、酒井宏樹選手と切磋琢磨してきたと思います。
「実はレイソルのメディカルチェックの時に、ちょうど酒井宏樹選手がレイソルのクラブハウスに来ていまして、会った時はびっくりされました。『レイソルに来たの?』と(笑)。でも彼の存在はは刺激になっていますし、彼は同世代ですけど、彼を超えるような活躍をして、彼を見返してレイソルに帰れないようにします(笑)」

Q:ポジションは?
「サイドバックです。右も左も大丈夫です」

Q:スタミナもありますね。
「そこはピッチで皆さんに確認してもらえればいいと思います」

Q:千葉にも所属していた時期があります。2月17日にはプレシーズンマッチのちばぎんカップがあります。高橋選手にとっては古巣対決となります。
「ダービーはどの試合よりも負けてはいけないと思うので、千葉県は柏レイソルというところを見せて、勝利にこだわりたいと思います」

Q:神戸ではネルシーニョ監督の下でプレーされていましたが、何かエピソードはありますか?
「ネルシーニョ監督は2年半、お世話になったんですけど、ただただ怖いという印象です(苦笑)。ただそれはピッチ上であって、ピッチを離れれば優しいお父さん、優しいおじいちゃんです。またこうして一緒に戦えることを嬉しく思いますし、一緒に戦って笑顔で終わりたいと思います」

Q:昨年、一番すごいと思った選手はイニエスタ選手ということですが?
「……そうですね、昨年はいろいろあって(苦笑)。でも彼から学んだことはたくさんあったので、同じようなプレーは無理ですけど、彼も勝者のメンタリティーを持っていたので、そこにはこだわりたいと思います」


●杉井颯選手
「柏レイソルのユースからトップ昇格という形で柏レイソルに入ることができました。小さい時の夢が叶いましたし、レイソルに入って活躍することが僕の目標ですし、この後ろにいる選手たちと一緒にプレーができるというのは楽しみです。早く皆さんとプレーしたいと思っています」

Q:U-18ではキャプテンも務めていました。厳しい試合から吸収したこともあったと思いますが、何が思い出深いですか?
「プレミアリーグのホームの流通経済大柏高校との試合です。高校サッカーの準優勝校ですし、柏ダービーだったので、柏はレイソルだと思っているので、その試合に勝てたことが一番印象に残っています」

Q:杉井選手のポジションはセンターバックとボランチですか?
「そうですね。でも監督からやれと言われればどこでもやります。点を取りたいです」

Q:地元柏の出身なので、今日はご家族も来場されているそうですが、どちらにいらっしゃいますか?
「はい、いますね。(司会から挙手を求められた家族が)恥ずかしがっています(笑)」

Q:地元だと友人、知人も多いのでは?
「そうですね。今日は来ているかわからないですけど、SNSで見ているよと言われたり、僕もレイソルのファンですし、(後ろにいる)選手の話を聞いて、そうなんだ、すごいなと思っています。でもここで話していて緊張していて、手汗が止まらないです。脇汗も止まらないですけど、この選手たちと楽しみたいと思います」

Q:ユニフォームの着心地はいかがですか?
「いいですね。速乾性があります。汗をいっぱいかくんですけど、速乾性が良いので大丈夫だと思います」

Q:過去対戦してもっとも衝撃を受けた選手は瀬川祐輔選手。理由は「マッチアップしたときに何もできなかった」とあります。
「びっくりしました。ユースでもホームの試合はスタジアムで毎試合見させてもらうんですけど、その試合でもすごいと思っていました。でも(トップチームとの練習試合で)マッチアップしてみて、『なんでもうここにいるの?』と衝撃的でした。でも負けないです(笑)」

Q:もし自分が女性だったら付き合いたい選手は古賀太陽選手とあります。古賀選手も期限付き移籍から戻ってきました。
「自分が高校1年の時の高校3年生で、一緒に自主練もやってくれましたし、あんなに優しい人は鈴木大輔選手と、太陽くんと、(後ろにいる村田和哉選手を見て)村田さんですね(笑)」


●ヒシャルジソン選手
「コンバンハ! まず初めに、この場にいることを幸せに思います。柏レイソルというクラブで、黄色いユニフォームを着られることを嬉しく思いますし、選手一同最大限努力をしてシーズンを戦うつもりなので、サポーターの皆さんは応援をお願いします」

Q:ヒシャルジソン選手はどうお呼びしたらいいですか?
「そのままヒシャルジソンでもいいですし、少し長いのでヒシャと呼んでください」

Q:日本のサッカーの印象は?
「ブラジルのサッカーと比較しても、日本のサッカーはスピードもありますし、技術、クオリティーも非常に高いと思います。自分としては順応して、自分の良さを出していけるように努力していきたいと思います」

Q:移籍の理由は?
「まず国外でプレーするという野望はありましたし、また、ネルシーニョ監督の下でプレーできる喜びですね。レイソルでネルシーニョ監督が残した功績も聞いています。あとは私の家族が常にサポートしてくれて、行ってこいと、日本で一緒に生活しながらプライベートでも素晴らしいシーズンを過ごそうと言ってくれたので、その3つのことが理由でここにやってきました」

Q:ポジションはMFですか?
「ボランチなので、厳しいマークを見ていただければと思います。加えてボールを奪った時に前線の選手へのスペースを察知して、パスを出すところ、そこを自分の特徴としていますし、そこを前面に出していければレイソルのタイトルにつながると思っています」

Q:過去対戦してもっとも衝撃を受けた選手はネイマール選手ということですが?
「少し前の話になるんですけど、ネイマールがブラジルにいた時ですね。彼はボールを持った瞬間の頭の回転の速さ、技術の高さは言うまでもないですけど、非常に対戦してやりにくい相手でした」

Q:これからよろしくお願いいます。
「アリガトウゴザイマス!」


●山田雄士選手
「こんばんは。ユースから昇格しました山田雄士です。小さい頃から夢に見ていたプロサッカー選手になれて嬉しく思います。ユースとはまた違う素晴らしい環境なので楽しみです。自分らしく頑張りたいです」

Q:ニックネームは?
「小さい頃からヤマユウと呼ばれているので、そう呼んでいただけると嬉しいです」

Q:他にも“D”と呼ばれているそうですが?
「山田の“ダ”をDと…」

Q:U-18では背番号10を背負っていました。U-18時代の思い出は?
「レイソルのユースはパスというイメージがあると思うんですが、実際に練習でもパス練習がすごく多くて、パス練がすごくきつかったという印象でした」

Q:最近の「マイブームは映画を見ること」とあります? どのようなジャンルの映画を見るのでしょうか?
「おすすめに出てくる面白そうな映画だったり、感動するような映画や海外の映画を見ています」

Q:サッカー関連の映像もよく見るのですか?
「はい、海外のサッカーはよく見ています」

Q:好きな選手は?
「イニエスタ選手です」

Q:山田選手の得意なプレーは?
「自分の持ち味は運動量や裏への飛び出しだと思っているので、そういうものを出していけたらと思います」

Q:過去対戦してもっとも衝撃を受けた選手が中山雄太選手。もし自分が女性だったら、付き合いたい選手は古賀太陽選手。
「はい」


●菊池大介選手
「浦和レッズから加入しました菊池大介です。柏レイソルのために全力を尽くします。1年間、熱いサポートお願いします」

Q:ポジションはサイドアタッカーですが、右ですか左ですか?
「左です」

Q:柏レイソルの印象は日立台のスタジアムの印象が強いとのことですが?
「湘南時代から、柏のスタジアムでプレーする度にすごくワクワクしていましたし、あのスタジアムをホームとして戦えることをすごく光栄に思いますし、今からワクワクしています」

Q:菊地選手といえば走り回る印象があります。
「そうですね、そこは湘南のユースで嫌というほど鍛えられたので」

Q:チームメートにこれだけは言っておきたいことには、「人見知りだけどよろしく」とあります。
「本当に人見知りなので、今回も知っているメンバーはいたんですけど、友達は一人もいなくて、今日初日で、緊張してクラブハウスに来ました。ここにいる新加入の選手を含めて、温かい方がたくさんいてよかったです」

Q:もう馴染んでいる様子ですね?
「ありがとうございます」

----------
J's GOAL人気コンテンツ!スタジアムナビで柏のホームスタジアム「三協F柏」の様々な情報をお伝えしています!皆さんの投稿機能もできたので、ぜひ投稿してくださいね!
三協フロンテア柏スタジアム(柏レイソル)

2019ファンクラブ「アソシエイツ」のお申し込みはこちら!

みんなの口コミで作る「スタジアムナビ」
全スタジアムの新着投稿フォト

編集部オリジナル特集

観戦アドバイス大募集!スタナビ「スタジアムグルメ」投稿キャンペーン!

移籍情報